記事

北朝鮮を覗き込む「人間サファリツアー」の残酷

1/2

中国と北朝鮮の国境には、陸続きになっている部分がある。中国人や韓国人の団体は、そこで北朝鮮側に缶詰を投げ、農民が拾いにくるのを眺める“人間サファリツアー”を楽しんでいるという。朝日新聞国際報道部の峯村健司記者が取材した——。

※本稿は、峯村健司『潜入中国 厳戒現場に迫った特派員の2000日』(朝日新書)の一部を再編集したものです。


北朝鮮と接する中国遼寧省丹東の郊外から見た、北朝鮮の水田地帯での田植え風景=2009年5月27日 - 写真=AFP/時事通信フォト

大国・中国が「強く出られない」理由

「鴨緑江にミサイルをぶち込むぞ!」

北京で2008年初めに開かれた中朝の当局者会議で、北朝鮮代表が突然、立ち上がってこう叫んだ。

出席した中国側関係者は会議のやりとりを詳しく話してくれた。

「中朝国境を流れる鴨緑江にある、水豊水力発電所の電力の配分をめぐる会合の席でした。北朝鮮側が突然、自分たちへの供給量を増やすように求めてきました。我々が難色を示したところ、北朝鮮側が激怒したのです。結局、我が国が北朝鮮側の要求を受け入れることで妥協しました」

国家間の交渉に限らず、民間のビジネス上でも引き起こすトラブルが後を絶たなかった。

吉林省政府当局者は私にこう証言する。

「2008年だけで北朝鮮に向かった2000〜3000両の中国の貨車が返されないまま、北朝鮮国内で使われています。ただ、北朝鮮側を怒らせると何をするかわからないから抗議できないのです」

中国はなぜ圧倒的な国力の差がありながら、北朝鮮に強く出られないのだろうか。

北朝鮮に詳しい中国共産党関係者は、

「我々が最も恐れるのが、北朝鮮の体制が揺らぐことです。あまり圧力をかけ過ぎると崩壊しかねない。高いコストを払ってでも朝鮮半島の現状を維持するのが中国の国益に最もかなうからだ」

と説明する。

2009年「北朝鮮の経済体制は全面的に崩壊しつつある」

中国当局は、中国商人による「スパイネットワーク」で集められた内部情報などを分析し、北朝鮮の経済状況に危機感を抱いていた。

「北朝鮮の経済体制は全面的に崩壊しつつあり、警戒する必要がある」

中国共産党は2009年12月16日、北京で政府系研究機関の研究者や当局者を集めた内部検討会議を開き、悪化する北朝鮮の経済状況を集中的に議論した。参加した関係者は会議の分析結果についてこう語る。

「北朝鮮は核実験による国連安全保障理事会の制裁の影響で、物資が不足して深刻なインフレに陥りました。さらに09年11月末に実施したデノミネーション(通貨単位の切り下げ)によって、リスクを恐れた外国企業が北朝鮮との貿易を取りやめたため、さらに悪化したのです。新通貨との交換に限度額が設定されたことで私財を失った富裕層からの不満も高まっており、混乱に陥る恐れがあるという判断でした」

この時、金正日は、三男の正恩への権力継承を進めていたが、会議ではこのままの経済状況がつづけば円滑に継承できない可能性についても指摘された。

中国が1970年代末から始めた改革開放政策は、ベトナムではドイモイ(刷新)として導入されたが、北朝鮮は一貫してこれに批判的だった。金正日は1983年に訪中し、その帰国後、中国の経済政策を批判していたことが知られている。

大量の脱北者流入は社会不安につながる

中国共産党の対北朝鮮政策ブレーンの一人、張璉瑰・中央党校国際戦略研究所教授は私の取材に対して、北朝鮮の経済政策について次のように批判する。

「北朝鮮が本気で開放政策を導入する気はないでしょう。国連安保理の制裁によって足りなくなった外貨を一時的に補うのが目的です。集めた資金は新たな核兵器やミサイルの開発にあてる可能性すらあります。しかし、北朝鮮の安全を本当に保障するのは核兵器ではありません。改革開放によって自国の経済を発展させることで、国民の支持を得ることだけなのです」

にもかかわらず、中国が北朝鮮に対して強硬姿勢に出られないのは、先に述べたように、北朝鮮が不安定になることを恐れているからだ。

広がる格差や官僚の腐敗が深刻化する中国では、じつは、警察施設への襲撃や暴動が後を絶たない。隣国の経済危機が深刻になり、大量の脱北者が流入すれば、社会不安につながったり中国人の不満が爆発するきっかけにもなったりしかねない。むしろ崩壊しない程度に援助を続け、共同経済開発などを通じて、地下資源を取り込むほうが得策、と考えているようだ。

こうした北朝鮮国内の実態をこの目で見たい。その思いから私は中国側から最も北朝鮮領に接近できる、ある地点を訪問した。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  3. 3

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  4. 4

    桶川事件20年 警察が隠した怠慢

    BLOGOS編集部

  5. 5

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  6. 6

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    忘年会やめて「ボーナス増やせ」

    かさこ

  9. 9

    野村克也氏 大谷は下半身を磨け

    幻冬舎plus

  10. 10

    麻生氏に批判殺到「反社のよう」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。