記事

ベストセラー『反日種族主義』への反発……韓国は「言論の自由」を受け入れられるのか? - 赤石 晋一郎

 11月22日に韓国政府が下したGSOMIA継続(韓国政府の言い方では、GSOMIA終了通告効力停止、もしくはGSOMIA終了猶予)の決断。日韓政府はお互いの妥協点を探りながら、関係融和への模索が始まることになりそうだ。

 韓国国内でも、“反日”一辺倒の時代は終わりつつある。その一例ともいえるのが『反日種族主義』の韓国内でのヒットであろう。『反日種族主義』は“タマネギ男”こと曺国・前法務部長官が“吐き気がする本”と言及したことで注目を浴び11万部を突破するというベストセラーになった。韓国内でも少なくない人が、反日一辺倒の政治家やメディアの議論に疑問を持っていることの証左だったともいえる。


『反日種族主義』編著者の李栄薫教授

 11月に日本国内でも発売された『反日種族主義』(文藝春秋)翻訳版は、20万部を超えるという韓国版以上の大ヒットとなっている。本稿では同書の日本語版ヒットについての、韓国内の反応についてレポートをしていきたい。

韓国メディアのアレルギー反応

 日本翻訳版のヒットについて、まずアレルギー反応を示したのが韓国メディアだった。政権寄り左派新聞であるハンギョレ新聞は〈日本人が誤った歴史観を深め、歪曲された歴史観が日本社会に拡散する〉〈恥ずべき日本語版出版〉と叩いた。

「『反日種族主義』日本での販売1位の熱風、憂慮される」と書いたのは韓国のネットメディア「オーマイニュース」(11月16日配信)である。同サイトは日本が「右傾化する危機」に直面しているとしつつ、次のように批判を続けた。

〈(『反日種族主義』は)「韓国人は嘘つき」という荒唐無稽な論理を日本国民に改めて印象付ける内容だ(中略)果たして『反日種族主義』と接する日本の学界とマスコミが歴史に謙虚な判断を下すことができるのか。その点についても懐疑的な予測をするしかない。なぜなら過去、朴裕河教授の『帝国の慰安婦』に“盲目的に”熱狂していた日本の姿を、既に目撃したことがあるからだ〉

 ネット新聞である(11月7日付記事)も同じような論調で批判を繰り広げた。

〈7月、日本の経済侵略と同時に、まるで約束したように『反日種族主義』が出版され、日帝の侵略の歴史歪曲はもちろん、帝国主義的侵略に対抗した大韓民国の抵抗的民族主義まで卑下する土着倭寇たちのずるくて悪辣な騒ぎがあった〉

過去に同様のバッシングがあった

 韓国メディアは「恥ずべき」、「荒唐無稽」「悪辣」といった言葉を使い、反日種族主義を批判したのだ。こうしたバッシングは当初から予想されていたものだった。かつて、韓国社会は世宗大学・朴裕河教授が書いた書籍『帝国の慰安婦』に対して、激しいバッシングを繰り返した前例があったからだ。

「帝国の慰安婦」は韓国で刊行後、日本版も出版される話題の書となった。その主題は戦争を引き起こした帝国主義を批判する書であったのだが、日本軍と慰安婦を同志のように描いたことで市民団体が強く反発した。

 朴教授は慰安婦から名誉毀損で訴えられ、大学をクビにしろとデモまで行われた。当時、私の取材に応じてくれた朴教授は、激しいバッシングや裁判の対応に追われ憔悴しきた表情を見せていた。

『反日種族主義』についても再び同じことが起きた。仮に同意できない意見であっても、そこから進歩的に意見を見いだそうとするならば、同書を契機として議論を深めていくべきだろう。しかし韓国メディアの報道はそうはならず、激しいバッシングを繰り広げるだけ。その言動は韓国メディアが「言論の自由」に対して極めて不寛容であることを改めて浮き彫りにした。

法律で規制を求める民主研究院

 さらに激烈な意見もある。政権与党である「共に民主党」のシンクタンクである「民主研究院」からは、「政策ブリーフィング」というタイトルで次のような意見が出されたのだ。

〈民主研究院は10月25日、日本の植民統治擁護行為を処罰する特別法を制定しなければならないと主張した。特別法の目的は「大韓民国の正統性と民族精気の守護」。民主研究院は、日帝の擁護行為の一例として、李栄薫元ソウル大学教授(現イスンマン学堂校長)が書いた本“反日種族主義”を取り上げた。(中略)民主研究院はこの日まとめた報告書で、「極限に達した日帝植民統治擁護行為を防ぐ特別法が急がれる」とし、「学術活動ではなく政治的意図が明らかな大衆扇動が蔓延している」と指摘した〉

 つまりはそのような言論を法律で規制しろというのだ。

『反日種族主義』の著者の一人である李宇衍(イ・ウヨン)氏は、発刊前後から様々な圧力を受けてきた人物だ。李氏はこう語る。

「今でも様々な脅しがあります。『韓国を離れて日本へ行け』『黙れ(口をつぐめ)』『夜道に気を付けろ』などのショートメッセージやメールなどが来ます」

名誉棄損で6千万ウォンの訴訟も

 しかも圧力は脅しだけに止まらなかった。李宇衍氏が、16年にソウルの龍山駅前に建てられた徴用工像等のモデルが、旭川新聞に掲載された日本人の労働者の写真であると主張したことについて、像を制作した作家であるキム・ウンソン、キム・ソギョン夫婦は「自分たちの想像の産物だ」と反論。李宇衍氏に対し、6千万ウォンの名誉棄損の民事訴訟と刑事訴訟起こしてきたという。

「訴えられても、私は主張を曲げませんが、言葉を控えたりして、慎重にならざるを得ないですね。しかし、新しい流れは止められません。こういった本がベストセラーになり、『反日種族主義』に反対する声が出始めている。こういう流れは韓国社会の中では初めてのことで、これから日韓は新しい関係性を築くことができるのではないでしょうか」(李宇衍氏)

対抗して『日帝種族主義』を緊急刊行

 興味深いのは、韓国内では『反日種族主義』に対抗するように、『日帝種族主義』という本が緊急刊行されたことだ。同書を発行した東国大学の黄台淵(ファン・テヨン)がメディアの取材を受けた記事では、民主研究院と同じように苛烈な黄教授の言葉が並んでいる。

〈『反日種族主義』の筆者たちは、古くから学界で反韓・附倭奴(黄教授は「“附倭”(倭国に付き国を害する人)に、“人より劣った奴隷”という漢字を加え、“附倭奴”と呼んだ」と言葉の意味を説明している)をしてきた人たちです。学問の自由があるとは言え、彼らはもう学問を越えて政治活動をしています。法律で彼らを処罰し、二度とそのような人々が出ないようにしなければなりません〉

 ソウル新聞(ネット版 10月17日)も同様の内容を報じている。

〈本(『日帝種族主義』は)は『反日種族主義』を単に学術的に論駁するだけにとどまらない。総論を書いた黄台淵教授は、「外国の“歴史否定罪処罰法”の先例によって、“日帝植民統治擁護行為及び日本の歴史否定に対する内応行為処罰特別法”を制定しよう」と主張する。『反日種族主義』の著者らがとんでもない主張をして私腹を肥やす一方で、彼らのために発生する社会的被害が大きいという理由だ〉

 黄教授は「国民運動を起こして最終的に彼らを処罰することが、この本の究極的な目標だ」とメディアで繰り返し語っている。しかし、残念なことに『日帝種族主義』の売上げは芳しくないようで、ベストセラーとは言いがたい状況にあるようだ。

『反日種族主義』が日韓でベストセラーになったことは、韓国社会が「言論の自由」を受け入れることが出来るのか否か、その試金石となっているようだ。

(赤石 晋一郎)

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  3. 3

    森ゆうこ氏の情報漏洩は人権侵害

    塩崎恭久

  4. 4

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  5. 5

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  6. 6

    政府が26兆円の経済対策を決定

    ロイター

  7. 7

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

  8. 8

    HIV新規感染 7割が男性同士のSEX

    AbemaTIMES

  9. 9

    織田信成を告発 モラハラ受けた

    NEWSポストセブン

  10. 10

    薬物で息子2人を失った母の告白

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。