記事

格安? 危険? 経験者が語る韓国と日本の整形事情

 23日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送され、新大久保・韓国ブロガーのいくみんが、韓国の整形事情を語った。



 この日は美容整形の実態について知るため『整形は正義!』(ベストセラーズ)を出版したMiRichan(ミリちゃん)をはじめ、医師の東海陽介氏、整形経験者のイラストレーター・江崎びす子、いくみんをゲストに招きトークを展開した。

 新大久保に毎日足を運び、本場韓国も頻繁に訪れるいくみんは、ブログで韓国の情報発信をしながら「韓国好き」を増やせるよう広めているのだという。

 いくみんが初めて整形をしたのは4か月前。目のたるみを気にしていたところ、整形のモニターの話があり承諾をしたそう。内容については「『アッカンベー』をした状態で切り込みを入れて、目の裏から脂肪を取る手術」と解説をした。

 目の裏に切り込みをいれるため、傷跡は見えないものの「部分麻酔で意識がある中での手術だったので、めちゃめちゃ怖かった」と明かすいくみんだったが「でもすごい変わったから、そのときに『メッチャいいわ』って感動しました」と、術後の気持ちを振り返った。

 いくみんは1週間ほど前に韓国でも整形をしたばかりだそうで、太もも、二重アゴ、頬の「脂肪溶解注射」と、太もも、ふくらはぎの「ボトックス注射」をしてもらったという。費用は約6万円だったそうで、東海氏は「日本だと10万以上は、15万とかはするのでは」と説明した。





 韓国は日本よりも選択できる施術の幅が広く、いくみんは「『おでこが広いから』って言って、髪の毛が生えた皮膚をここ(額に)追加した友人がいる」と、皮膚移植によって額の生え際を調整する手術を受けた例について語った。

 MiRichanは、日本の整形は「安全な方法でナチュラルに変える」、韓国は「ダメージを恐れず審美的に大きく変える」と、それぞれの違いを解説。東海氏は「安全は日本も韓国も当然考えている」と前置きしながらも、韓国の整形事情について「絶対的に『これがキレイ』という基準みたいなのがあって、『そこ』に向けてみんなを持っていこうとする。美の基準からかけ離れた人ほど大きくやらないといけないので、整形する人が多い傾向がある」と説明をした。

▶動画:土曜The NIGHT#83~香港デモ現地から生電話/整形は正義か!?~

あわせて読みたい

「整形手術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  3. 3

    森ゆうこ氏の情報漏洩は人権侵害

    塩崎恭久

  4. 4

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  5. 5

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  6. 6

    政府が26兆円の経済対策を決定

    ロイター

  7. 7

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

  8. 8

    HIV新規感染 7割が男性同士のSEX

    AbemaTIMES

  9. 9

    織田信成を告発 モラハラ受けた

    NEWSポストセブン

  10. 10

    薬物で息子2人を失った母の告白

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。