記事

元徴用工ら1500人に約280億円、韓国議長が法案化 それでも収まらない被害者の反発 「1プラス1プラスアルファ」案が現実に? - 赤石 晋一郎

1/2

 11月26日のソウル。光化門近くのリマビルで、小さな騒動が起きていた。

 リマビルの6階、ここには「日帝強制動員被害者支援財団」のオフィスが入っている。

「この日は、財団から遺族会などの幹部や委員に対して緊急招集がかかっていました」

 そう語るのは太平洋戦争被害者団体の幹部の1人だ。11月23日に韓国政府が下したGSOMIA継続の決断以降、日韓関係は徴用工問題解決に向けての新しい胎動が始まっていた――。


徴用工訴訟 韓国最高裁が三菱重工にも賠償命令の判決が出た時の原告団の様子 ©時事通信社

韓日の企業に寄付を募って被害者に支給する案が法案化

 同日夜。ソウル聯合ニュースは次のようなニュースを報じた。

〈韓国議長が寄付金支給案を法案化 徴用被害者ら1500人に約280億円

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が強制徴用問題の解決策として日本側に提案した案を法案にまとめたことが26日、分かった。韓日両国の企業、政府、国民が参与して「記憶人権財団」を設立し、被害者1500人に総額3000億ウォン(約277億円)の慰謝料を支払うのが骨子〉

 文議長は11月5日に早稲田大学で行った講演で、徴用工問題解決に向けて日韓の企業と国民から寄付を募って被害者に支給する「1プラス1プラスアルファ」案を持っていることを明かしていた。法案化はこの「1プラス1プラスアルファ」をベースとしたもので、早ければ年内にも国会に提出される可能性があるという。

 中央日報によると、日韓議員連盟の河村建夫幹事長(自民党)は、文議長案について「(徴用工問題の)解決策はこれだけだ」と評価したと語ったという。

議長秘書官らが被害者団体の代表らに説明を行ったが……

 前述の「日帝強制動員被害者支援財団」のオフィスには文議長の特使として補佐官や政治スタッフ5人が訪れ、被害者団体の代表などを前にして、文議長案である「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者などの支援に関する特別法改正案」についての説明が行った。

 文議長案の骨子となる「記憶人権財団」は、行政安全部の下部組織である「日帝強制動員被害者支援財団」を格上げした形で設立され、慰謝料や慰労金を支給する事業を行うのだという。

 しかし文議長スタッフに対しては、被害者団体の代表たちから次々と質問の声があがったという。

「日韓基本条約を基本とするならば、まずは韓国政府が補償するべきではないのか?」

「徴用工裁判で日本企業の資産が差し押さえられ、現金化されようとしている事態についてはどう説明をするのか?」

 文議長スタッフと被害者団体代表らの会合はマスコミ非公開。40人ほどが収容出来る会議室からは、怒声が響くなど騒々しい雰囲気に包まれていた。

「財団側は被害者遺族らに50万ウォンを支払うという提案を持ちかけ、その代わりに文議長法案へ同意するように求めました」(出席者)

「記憶人権財団」の元の団体の正体

 結論から先に言うと、文議長案、そして同案を評価したという河村建夫議員の言葉は、いずれも徴用工問題の本質を直視出来ていない軽薄なものでしかない。

 まず「記憶人権財団」に昇格される「日帝強制動員被害者支援財団」とはどのような団体なのか。

 同団体については、5月31日配信の「ルポ・徴用工裁判『その不都合な真実』#4」で詳述している。改めて説明を加えると、2014年6月2日に発足した「日帝強制動員被害者支援財団(以降・ポスコ財団)」は、韓国企業・ポスコの出資金をベースに被害者支援を目指して設立された団体だった。

 同団体が設立された背景には、日韓基本条約において日本政府から支払われた金が、韓国政府によって被害者らに正しく届けられていなかったという歴史があった。

日韓基本条約に伴う資金を得た企業は13もある

 ポスコ、旧名・浦項総合製鉄は日韓基本条約に伴う請求権資金などを注入して設立された企業だ。現在では年間売上高60兆ウォン(約6兆円)を誇る世界的鉄鋼企業に成長した。

「漢江の奇跡と呼ばれる韓国経済の高度成長は、この日韓基本条約に伴う請求権資金を流用して成し遂げられたものです。資金を得た企業は13企業にも上ります。主なところでは、ポスコを始め、韓国電力公社、韓国鉄道公社、韓国道路公団、ハナ(外換)銀行、KT、KT&G(タバコ公社)などがあり、いずれも韓国の経済基盤、インフラを支えた企業ばかりでした」(韓国人ジャーナリスト)

 本来、被害者補償に使われるはずだった資金は経済投資に回された。ポスコ株主総会で被害者から批判を受けたポスコは、まず30億ウォンを2回に分けて拠出し、現在まで計60億ウォンを財団に出資している。そして将来的には総額100億ウォンの出資を行うと約束したのだ。

あわせて読みたい

「韓国徴用工訴訟」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  3. 3

    森ゆうこ氏の情報漏洩は人権侵害

    塩崎恭久

  4. 4

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  5. 5

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  6. 6

    政府が26兆円の経済対策を決定

    ロイター

  7. 7

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

  8. 8

    HIV新規感染 7割が男性同士のSEX

    AbemaTIMES

  9. 9

    織田信成を告発 モラハラ受けた

    NEWSポストセブン

  10. 10

    薬物で息子2人を失った母の告白

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。