記事

豪ウェストパック銀、2020年に2回の利下げとQE導入を予想


[シドニー 27日 ロイター] - 豪銀大手ウェストパック銀行は27日、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が来年2回の利下げを行い、2020年6月までに政策金利を0.25%に引き下げ、その後量的緩和(QE)を導入する可能性が高いと指摘した。

ウェストパックはこれまで金利が0.5%に引き下げられると予想していたが、見通しを修正した。豪中銀は今年6月以降、25ベーシスポイント(bp)の利下げを3回行い、現在の金利は過去最低の0.75%となっている。

ロウ総裁は26日、量的緩和(QE)が必要になるとは考えていないとした上で、政策金利が0.25%に低下すればQEを導入する可能性があると述べた。[nL4N2862R6]

ウェストパックのチーフエコノミスト、ビル・エバンス氏はリポートで「RBAはキャッシュレートを0.25%に押し下げる用意があると示唆している」と指摘。「ウェストパックは2020年に金融緩和が必要になるとの見解を常に示してきたが、RBAが0.5%を実質的な下限と受け止めると考えていた」とした。

豪ドルは午後の取引で1豪ドル=0.6770米ドルに軟化し、11月の安値をわずかに上回る水準。追加利下げの可能性を材料に豪ドルはきょうの取引では軟調に推移している。

エバンス氏は、RBAが2020年6月まで2回目の利下げは実施しないと予想。同年5月の政府の年度予算案を確認するほか、可能な限り長期の緩和にコミットするという市場の見方を利用するためだという。

2回目の利下げ予想からみてウェストパックのQE導入見通しは2020年後半に先送りされた。エバンス氏はロウ総裁がQE導入に高いハードルを設定したと述べた。

同氏は「失業率が5.6%前後から動かず、米連邦準備理事会(FRB)が緩和し、金利のさらなる柔軟性がない中、QEが魅力的な選択肢となることは確実だ」との考えを示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  4. 4

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  7. 7

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。