記事

批判が怖くて沢尻エリカを「消す」メディアの罪

1/2

薬物中毒はだいぶ前から知られていた

NHKは沢尻エリカの大河ドラマ出演シーンを撮り直す必要はなかった。私はそう考える。

これは少数意見ではない。文春オンラインでは、沢尻の部分を撮り直すべきかアンケートをしていたが、「撮り直しの必要はない」が50%を超えていた。

映画「猫は抱くもの」完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した女優の沢尻エリカ容疑者。上海国際映画祭に出品が決定した同作は6月23日に公開された(東京都千代田区の丸の内ピカデリー)=2018年6月5日撮影 - 写真=時事通信フォト

撮り直しをする必要がない理由はいくつかあるが、それは後にして、NHKの混乱ぶりから見ていきたい。

11月17日早朝、クラブから帰ってきた沢尻を麻薬取締法違反の容疑で逮捕したのは、マトリ(厚労省地方厚生局麻薬取締部)ではなく、警視庁組織犯罪対策5課(以下、組対5課)であった。

『週刊ポスト』(12月6日号)によると、両者は競い合う関係で、過去、酒井法子やASKAを挙げたのは組対5課で、ピエール瀧や元KAT‐TUNの田口淳之介を挙げたのはマトリだった。

組対5課は、「来年3月で5課長が定年退職する」(ポスト)ため、花道を飾ってやろうという意識も強かったそうだ。

そこに、「9月下旬に沢尻の違法薬物使用に関する確度の高い情報提供があった」(警視庁関係者)という。

一方のマトリの方も、沢尻とも接点のある人気女優Xに違法薬物使用疑惑があり、やはり9月頃から捜査を本格化させていたそうだ。その関係から、沢尻にも薬物疑惑があることを把握していたが、まずXを挙げ、その先に沢尻逮捕も視野に入れていたという。

組対5課に先を越された形になったが、マトリのほうもX逮捕を含めて、「次は大物歌手Yの内偵にシフトする」(社会部記者)といわれているようだ。

だが、後でも触れるが、沢尻の薬物中毒は、だいぶ前から知られていたことであり、『週刊文春』は何度も、その疑惑について追及していた。

それなのに、なぜ動かなかったのだろう。

大河ドラマは「呪われているんじゃないか」

NHKも、ドラマに出演させる俳優・女優を選ぶときは「身体検査」をするといわれる。特に、このところ出演俳優たちの不祥事が頻発している大河ドラマでは、なおさら厳密な調査が行われたのだろうが、なぜ、沢尻が振るい落とされなかったのだろう。

沢尻を、来年から始まる「麒麟がくる」で、戦国大名、斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)という重要な役に抜擢したのである。

明智光秀と姻戚関係にあり、幼い頃からの付き合いでもあるが、政略結婚により、のちに織田信長の正妻となる女性であるが、すでに10話まで撮影を終えていたという。

慌てたNHK側は、川口春奈を代役として決定し、撮り直しするそうである。

週刊ポスト(同)は、大河ドラマで、病気や不祥事で降板した俳優・女優たちをグラビアで特集しているが、NHKの制作部局員が語るように、「呪われているんじゃないか」と思わざるを得ない。

渡哲也や萩原健一、萬屋錦之介は病気だから致し方ないが、1978年の「黄金の日日」では室田日出男が覚せい剤所持で逮捕され降板。

2006年の「功名が辻」では杉田かおるが初回の撮影をドタキャンで出演辞退。2016年の「真田丸」では、高畑裕太が強姦致傷の疑いで逮捕されて降板。

「西郷どん」では、斉藤由貴が不倫報道で出演辞退。「いだてん~東京オリムピック噺」では、ピエール瀧がコカイン使用で逮捕、降板。徳井義実の所得隠しが発覚して出演シーンを大幅に縮小した。

そして今回の沢尻エリカの逮捕である。

“おいしい”番組をなぜ撮り直すのか

毎回、芸能人の不祥事が発覚すると、その人間が出ていた番組を中止したり、他の人間に差し替えたりという騒ぎが起きる。そして必ず、違約金は数億円になるという見出しがスポーツ紙や週刊誌に踊る。

だが、殺人犯なら致し方ないとは思うが、なぜ、警察に逮捕されると、その人間が出演しているドラマや映画を撮り直したり代役を立てたりするのだろうか。

視聴率的にいえば、あの沢尻エリカが逮捕前に出ていた大河ドラマへの興味は高いはずだから、新年早々放送開始の大河ドラマは、高視聴率が約束されたようなものである。そんなに“おいしい”番組をなぜ撮り直しする必要があるのだろう。

第一、その人間が逮捕されても、起訴され、裁判で有罪にならない限り「推定無罪」であることは常識である。

有罪にならない前に、メディアが有罪だと断罪しているようなものではないか。

「逮捕即有罪」という印象を視聴者に与えてしまう

特に今回は、捜査当局からメディアに対して、沢尻の逮捕情報をリークしたのではないかという疑惑がある。

文春は、以前から沢尻の薬物疑惑を報じていたから、彼女をマークしていたのはわかるが、逮捕直前、沢尻が渋谷のクラブで薬物か何かでラリっている様子を、クラブの中で隠し撮りしていたのは、あまりにもタイミングが良すぎないか。

TBSはキー局として唯一、事前に情報を入手し、逮捕前夜の沢尻の行動を撮影していた。ポスト(同)でTBS関係者が、「うちは代々組対5課とパイプが太く、16年の清原逮捕の時も、マンションからパトカーで連行される姿を独占撮影した」と自慢している。

長い時間をかけて信頼関係を築いてきたからだというのはわかるが、自分たちの「手柄」を誇示したい組対5課のために、メディアが「大宣伝」をやらされたことになるのではないか。芸能人だからメディアの前で晒し者にしていいというやり方は、おかしいというしかない。

そうすることで、逮捕即有罪という印象を多くの視聴者に与えてしまうことを、メディア側はどう考えているのか。

もし不起訴になったら、どう落とし前をつけるのか

沢尻は、逮捕後の尿鑑定では「陰性」だったといわれる。さらに毛髪鑑定も行ったという報道があるが、「毛髪鑑定では『薬物の使用時期を特定できないことから、たとえ陽性反応が出ても使用目的での所持だったことを完全に裏付けることはできない』」(警察関係者)と、スポーツニッポン(11月25日付)が報じている。

起訴はされるだろうが、スポニチで法曹関係者がこう指摘している。

「本人が薬物所持を自ら申告していることから、MDMAの違法性を認識して所持していたのは間違いない。しかし、尿鑑定がシロだったことから、使用目的で薬物を所持していたという明確な答えを出せなくなってしまった」

沢尻が、「交際相手から預かった物」と主張し、それが裏付けられた場合は、「不起訴になる可能性も十分ある」(同)というのである。

不起訴=真っ白無罪ではないが、逮捕時から有罪、薬物中毒、悪女と報じてきたメディアは、どう落とし前をつけるのだろう。

さらに、CMやNHK大河ドラマへの違約金は5億円ともいわれる。不起訴になった場合も、払うことになるのだろうか。

あわせて読みたい

「沢尻エリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  2. 2

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  3. 3

    日本は悪くないと 韓国の反日観

    文春オンライン

  4. 4

    野党に振り回された宇都宮健児氏

    田中龍作

  5. 5

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  6. 6

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  7. 7

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  8. 8

    都知事選 落選者らの敗因を分析

    ヒロ

  9. 9

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    小池氏の変節 五輪支持派が危惧

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。