記事

【読書感想】日本の戦後を知るための12人 池上彰の<夜間授業>

1/2

日本の戦後を知るための12人 池上彰の〈夜間授業〉
作者: 池上 彰
出版社/メーカー: 文藝春秋
メディア: 単行本
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

メディア:
この商品を含むブログを見る

内容紹介
現代日本を形作ったキーパーソン12人を語りつくす!
田中角栄、渡邉恒雄、ホリエモンに池田大作、上皇陛下まで……、毀誉褒貶ありつつも戦後日本を決定づけた人々を池上解説。

2018年から文藝春秋西館で行われた「〈夜間授業〉池上彰“戦後”に挑んだ10人の日本人」をもとに構成・編集。講義で実際に出たQ&Aも収録し、改めて基本から現代史の重要人物たちを知ることができます。
「戦後日本」に対峙し、変革をもたらした型破りな人々の“功罪”で学ぶ現代史講義。

第1回 田中角栄 今、見直される理由
第2回 江副浩正 情報社会の開拓者
第3回 小泉純一郎 断言する“変人”政治家
第4回 中内功 価格破壊の風雲児
第5回 渡邉恒雄 読売帝国の支配者
第6回 堤清二 詩人経営者の血脈
第7回 村上世彰と堀江貴文 金儲け至上主義と国策捜査
第8回 石原慎太郎 暴言と思いつきの長期都政
第9回 池田大作と創価学会 政教分離と自公連立
第10回 上皇陛下と上皇后・美智子さま 象徴天皇としての試行錯誤
(目次より)

 日本の「太平洋戦争後」を知るための12人について、池上彰さんが10回にわたって講義したものの書籍化です。

 この人選をみて、田中角栄さん、小泉純一郎さん、上皇・上皇后両陛下に関しては、多くの人が納得すると思うのですが、政治家や文化人中心ではなく、経済界で爪痕を残した人が多く採りあげられているのです。

 この講義のなかで、池上さんは、ロッキード事件で自分の人生が変わった話をされています。

 経済学部出身で、経済部志望だった池上さんは、ロッキード事件で人手が足りなくなったため、松江放送局から東京の社会部に応援に出されたことがきっかけで、社会部の記者になったそうです。

 もともと経済に興味があった、ということが、この講義での人選につながっているし、いまの時代に池上彰という人が存在感を示している理由ではないか、と僕は感じました。

 結局、日本の戦後というのは、この令和に至るまで、「政治ではなく、経済が世の中を動かしてきた時代」でもありますよね。

 池上さんは、田中角栄という政治家の功罪をこのように語っておられます。

 田中角栄は遺産をいくつも残しました。整備新幹線(北海道、東北、北陸、九州の各新幹線)のように今も進行中のもの、いくつもの障害があって頓挫しているものもあります。

 その一方で田中さんが想定しなかったこともあります。新幹線ができたことによるスポイト効果と呼ばれるものがそれです。新幹線網で地方と都会を結びますと、地方の人たちが新幹線を使って都会に出て行ってしまう。あるいは、どうせ買い物をするなら都会でしようよ、善光寺参りは日帰りでやろうよ、ということにもなる。

 本四連絡網もこのスポイト効果を助長しています。高松の人も徳島の人も、大阪に買い物に行く。つまり、地方の人たちをまるでスポイトで吸い上げるように吸い上げて都会に運んだ結果、地方の過疎化が進んでいるのです。田中角栄が構想した列島改造論には先見の明があったその一方で、思わぬ形を招いています。これもまた現実なのだということです。

(中略)

 一方で、金脈もあった。私生活や下半身の問題もあった。当時の記者たちは「政治家の下半身は一切問わない」とうそぶいて、佐藤昭との関係も神楽坂芸者の存在も不問に付してきました。金脈問題と同じく、知っていて書かなかったのです。今なら「週刊文春」が一発で書くでしょう。それでも知らん顔をして政治家を続けられたかどうか。

 あるいはまた、国民の側も考えなくてはなりません。金にも女にもだらしないけれど仕事のできる政治家と、清廉潔白だけど仕事のできない政治家のどちらを選ぶべきなのか。

あわせて読みたい

「池上彰」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  4. 4

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  5. 5

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  6. 6

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  7. 7

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    カジノ反対の主張に感じる違和感

    木曽崇

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    コロナ重症患者数の推移注視せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。