記事

東大医学部卒のノーベル賞受賞者が0人のワケ

1/2

2019年10月、旭化成名誉フェローの吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞した。ここ数年、京都大学の吉野氏や名古屋大学の天野浩氏など地方国立大学からノーベル賞学者が出ているが、東京大学出身者は意外に少なく、さらに国内最難関の東大理Ⅲ(医学部)は1人もいない。精神科医の和田秀樹氏は「これは日本の大学全体が極めて閉鎖的で、真に自由な研究ができない土壌であることを示している」という——。

※写真はイメージです 写真=iStock.com/ranmaru_

なぜ国内最難関の東大理Ⅲからノーベル賞が1人も出ないのか

10月に旭化成名誉フェローである吉野彰氏がノーベル化学賞受賞に決まったことは、2019年を代表するグッドニュースだろう。

修士で就職した企業内研究者がノーベル賞を受賞したことは、多くの企業内研究者の励みになるという声が大きい。私も同じ日本人として大変誇らしい。

いっぽうで気になる点も出てきた。

吉野氏は京都大学出身だ。ここ数年、この京都大学や名古屋大学など地方国立大学出身の学者がノーベル賞を受賞する傾向がある。ところが、東京大学出身者のノーベル賞受賞は少なく、またわが国において入学時の偏差値が最高とされる東大理科Ⅲ類の出身者が過去に1人もノーベル賞をとっていないのはどういうことか。“偏差値秀才”はノーベル賞を取れない、などという言説も時に耳に入ってくる。

そこで今回は、「受験勉強は“偏差値”を上昇させるが、ノーベル賞を受賞するような発想を阻害するのか(賢い子をバカにするのか)」を考察してみたい。

偏差値教育とノーベル賞との関係を考察する

最初に筆者自身の意見を述べよう。「受験勉強がノーベル賞を受賞するような発想を阻害する」ということは断じてない。

東大出身者は文学賞・平和賞を含めて7人が受賞しており、その数は京大の8人に次ぐ。また、京大に合格するにも東大と同等の努力が必要であり、受験勉強に意義がないとは言えない。むしろ少科目受験の私立大学出身者はこれまでノーベル賞を取っていないことからも、いろいろな科目を勉強することは研究のベースを作る上で必要だと考える。筆者の経験では、ハーバードのビジネス・スクールなどの欧米の名門グラデュエート・スクールなどでも日本の元受験秀才の評価はおおむね高い。

※写真はイメージです 写真=iStock.com/Xavier Arnau

必死に“偏差値”を上昇させようとする日本の受験勉強を批判する声は以前からある。その主張の背景にあるのが、日本以上にノーベル賞を受賞している欧米ののびのびとした教育法だ。例えば、アメリカではハードな受験勉強が不要なAO型入試が多い。

だが、そうした現地の教育を受ければ才能を開花させる可能性が高まるわけではないだろう。なぜそう言えるのか。アメリカに日系人が150万人もいるのにこれまで日本人のDNAを持つ人が現地の教育を受けてノーベル賞を受賞した人がゼロだからだ(子供時代に長崎県からイギリスへ移住した文学賞受賞者のカズオ・イシグロ氏を除く)。

というふうに考えると、日本の「受験勉強」は手放しで賞賛される学習スタイルではないにしろ、ノーベル賞を受賞できるような先進的で独創的な発想を阻害するというわけではないと思うのだ。

日本の初等教育は世界的に高評価、大学は低評価

ただ、1点、これだけは認めなくてはならない。

日本の大学あるいは大学院以降の教育はけっして芳しいものとは言えない、と。もっと言えば、大学・大学院の「教育」の質は低い。80年代以降、アメリカやイギリス、東南アジア諸国は、初等中等教育改革の手本を日本のそれとした。しかし、日本の大学を見習おうとした国はない。アジアの優秀な学生も日本を素通りしてアメリカの大学や大学院に入りたがるのは周知の事実だ。

なぜ、不評なのか。理由はさまざまだが、もっとも大きな問題は、学生や院生の成果に対する評価の方法がひどいことだ。

筆者自身の経験をもとに類推すると、日本の大学で研究することが「自由な発想」を阻害しているように思えてならない。

凡庸な博士論文ほど認められ、新奇な内容は落とされる

現在、老年精神医学、精神分析学、集団精神療法学を専門として、クリニックを開いている筆者は、東大医学部を卒業後、アルツハイマー病患者の肺炎に関する研究論文で東北大学より博士(医学)の学位を取得した。

その前年に、不名誉なことに、3年に一度しか落とされることがないとされる(約350人に1人のペース)、同大学の博士論文に落とされた経験をしている。

自分の論文は、高齢者の精神療法でうまくいったケースを数例集めて、現代精神分析でもっとも人気のある学派の自己心理学を用いると治療する際に有用性が高い、ということを論じたものであった。旧来型の精神分析を用いなかったのがポイントだった。落とされた理由は、「統計処理されていない。これは論文でなく論説だ」。主査(審査委員長)は精神科の教授である。

この論文は、年間約15編の優秀論文を掲載するアメリカの自己心理学の国際年鑑に日本人として初めて選ばれたものである。だから言うわけではないが、日本の大学の問題のひとつは、「仮説を立てるより検証(証明)が重要だ」とする土壌にある。つまり、「仮説のみ」という論文はほとんど許されないのだ。

※写真はイメージです 写真=iStock.com/SeventyFour

350人中1人しか落とされない。言い換えれば、350人中349人は落ちない。凡庸な内容であっても、検証しやすい仮説を立て、動物で実験して、統計的に有意差のあるデータを残すことができれば、普通に博士号がもらえるということだ。逆説的に述べれば、退屈で平凡な内容こそ論文に絶対必要な条件なのだろう。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  3. 3

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  4. 4

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  6. 6

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  8. 8

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  9. 9

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  10. 10

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。