記事

政府与党協議会後 二階幹事長記者会見

2019年11月26日(火)12:50~12:59

於:院内平河クラブ会見場

【冒頭発言】(稲田幹事長代行)

先ほどの政府与党協議会の概要報告を行います。

菅官房長官より、桜を見る会は歴代内閣が各界の方々を招いた公式行事ですが、様々なご意見、ご批判を踏まえ、招待基準の明確化、招待プロセスの透明化、予算や招待人数の全般的な見直しを行うこととし、来年度は中止することにした。国会においては総理や私から説明させていただいているが、今後とも丁寧な説明を行っていきたいとのご報告がありました。

森山国対委員長より、本日と次回の本会議の説明があり、公明党参議院との連携を密に、最後まで緊張感をもって議法も含め、残された法案の成立に全力を尽くす、とのご報告がありました。

末松参議院国対委員長より、予算委員会は先週金曜日の理事会で立国社から開会要求と会計検査院による検査要請の申し入れがあった。先ほども11時半から理事懇が行われたが、明日もう一度筆頭間協議を行いたいとのご報告がありました。

関口参議院会長より、今週から復帰をした。全力で頑張りたい、とのご発言ありました。

世耕参議院幹事長から、最後までしっかりと法案を通していきたいとのご発言がありました。

以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)

高知県の知事選挙につきまして、公明党の協力を得て、自公一致結束して戦った結果、当初大変激戦を予想されておりましたが、あらゆる条件を乗り越えて、勝利を得ることができました。これは、我々にとって、今後の選挙にも一つの弾みをつけることができたと思っております。ご協力いただいた皆様には、深く感謝申し上げたいと思います。尚、会期末までにはご承知の通り、2週間をきったわけであります。法案が残されておりますが、政府与党、全力をあげて成立に向かって努力をしたいと思います。

以上です。

質疑応答

毎日新聞です。午前中の会見で幹事長は皇室の女性天皇・女系天皇について、容認するともとれるような発言をされておりましたけれども、過去に女系天皇という例はないわけで、発言の真意をもう一度お聞かせください。

これから大いにそういうことも念頭に入れてですね、ご審議いただいたら結構だと、そういうふうに思います。

毎日新聞です。女性天皇・女系天皇を容認したというわけではないですか?

これからご審議いただいたら結構だと、こういうことです。

北海道新聞です。桜を見る会の招待者名簿の関係で質問です。午前中の会見で幹事長は招待者名簿を廃棄する必要はなかったというふうにおっしゃいましたが、廃棄した責任についてはいかがお考えでしょうか。

それは廃棄した人にあるでしょうけど。別に廃棄する必要もないわけでね。今後の参考にすればいいんだよ。それで、来年中止しますなんていうことね。なんでもかんでも与党に相談しなきゃいかんってことはないが、こういう政治問題になっているんですからね。相談があっても然るべきですよ。今簡単に中止するっていうことは、過去に遡って桜を見る会はどうだったんだ、なんてまたそんな難しいことを議論しなきゃいけない。桜を見る会は桜を見る会ですよ。それ以上でもなければ以下でもないんです。そんなことで世間が大騒ぎしているわけではない。

北海道新聞です。廃棄した責任というのは廃棄した省庁である内閣府にあるというふうにお考えですか。

誰にあるか知りませんがその責任ていうよりも、廃棄したっていったって、どういうことであったかね。我々は相談に与ってないから。廃棄した者に聞いてもらうしかない。どういう動機で、どういうことを考えて廃棄したのかって、そっちへ聞いてもらわなきゃ。こっちは廃棄したわけでもなんでもないんだからね。

北海道新聞です。野党側には、廃棄した紹介者名簿をデータ復旧までするべきではないか、という声も出ておりますが、幹事長としてはデータ復旧ということに関してはどうお考えですか。

別にその必要性を感じているわけではありません。

北海道新聞です。ちょっと矛盾するのですが...。招待者名簿は廃棄するべきじゃなかったけれども、復旧する必要はないというのはどういうふうに繋がるのですか。

繋がるように考えてください。

共同通信です。日中関係について質問です。来年見込まれる習近平主席の訪日について、自民党の一部議員から、尖閣やガス田開発、邦人拘束といった問題が解決されていない中、国賓で招くのはおかしいのではないかという声がでていますが、幹事長のお考えはいかがでしょうか。

別に私が意見を述べる必要はありません。国賓待遇で中国のそういう立場の人をお招きするのは当たり前のことです。

毎日新聞です。憲法審査会について質問です。先週、憲法審査会では、国民投票法の採決は開催されなかったという形ですけれども、これで今国会での国民投票法の成立は厳しいと言われておりますが、幹事長はどのようにお考えでしょうか。

まだ最終日を迎えたわけではありませんから。残された時間の間にまた皆でしっかり対応していけばいいことです。

あわせて読みたい

「桜を見る会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  3. 3

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    希望なき社会で起きた渋谷暴行死

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。