記事

香港区議選 民主派が圧勝

香港区議会(地方議会、18区で直接投票枠452議席)選挙は、昨日25日、開票が終了し、香港メディアによると民主派が8割超の議席を獲得して圧勝しました。抗議デモに強硬姿勢で臨む香港政府と中国の習近平指導部に、民意が明確に「ノー」を突きつけた、と報じられています。

民主派が過半数を獲得したのは1997年の中国への香港返還後初めてです。民主派は、直接投票枠の約85%に当たる385議席を獲得し、親中派は292議席から59議席に激減しました。香港メディアは、民主派が政府トップの行政長官を選ぶ選挙委員会1200人のうち、117人の区議会議員枠を全て獲得する見通しだと報じていて、行政長官選挙にも影響を与えることになります。

投票率は、前回を20ポイント以上も上回り、返還後最高の71.2%になり、香港の人たちが、民主的な政治体制を求めて、学生たちのデモを支持している強い思いがわかります。区議選を前に両派候補者への暴力事件も多発していました。民主派団体代表のジミー・シャムさんは、10月にバットを持った男たちに襲われ負傷しましたが、当選しました。

民主派が圧勝しても、政府側に譲歩する余地は少なく、出口は見えないといわれています。政府はデモ隊の民主的政治体制を求める要求を突っぱね、対立が激化していました。林鄭氏は、民主派の圧勝を受けて「真剣に反省する」と表明していますが、言葉通りに受け止める市民は少ない、ということです。中国の外交関係筋は、民主派の躍進に驚いているそうです。

しかし、香港政策を中国側が変更する余地は少なく、王毅国務委員兼外相は、「香港を混乱させるあらゆるたくらみも目的を達することはない」と述べました。アメリカの出方も注目されていますが、米下院は20日、中国が香港に高度の自治を保障する「一国二制度」を守っているかどうか米政府に毎年検証を求める超党派の「香港人権・民主主義法案」を、賛成多数で可決しました。

米中対立が激化している中でトランプ大統領が署名するかが注目されています。中国が圧力をかければかけるほど、香港の市民の反発は強まり、抵抗が激しくなることが予想されます。香港市民にとっては、民主主義や自由を守ることが、人権を守ることで、どうしても譲れないものだと思います。

選挙結果を受け入れて、「一国二制度」の原則に立ち戻り、香港の自治を大切にしてもらいたいものです。力によって介入することは、やめてもらわないと収拾がつかなくなります。

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  2. 2

    よしのり氏 枝野氏は認識が甘い

    小林よしのり

  3. 3

    日本は最も成功した社会主義国

    自由人

  4. 4

    よしのり氏「化石賞」報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    「沢尻逮捕は陰謀」を識者が検証

    SmartFLASH

  6. 6

    シン・ウルトラマンに見るヲタ魂

    krmmk3

  7. 7

    英選挙 労働党の敗因は左派政策

    岩田温

  8. 8

    安倍首相は「気の弱いホステス」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「独裁」の日本で香港人がデモ

    田中龍作

  10. 10

    日本の子どもはレベル下がったか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。