記事

大下容子のワイドスクランブルを見て

大下容子のワイドスクランブルを見ていたが、徴用工の問題で深掘りしていて良かった。

だが、将来的な北朝鮮との統一まで視野を拡大して論ずるのは意味がない。
日韓請求権協定を厳守しておけばいいだけだ。

気になったのはコメンテーターが日韓問題で「戦争」という言葉を使っていたことだ。
日本と韓国の間で、「戦争」をしたわけではない。
日韓併合や日本の統治は「戦争」ではないのだ。

迂闊に「戦争賠償」と言ってしまうと、日本国民が日本と韓国が「戦争」したかのように勘違いしてしまう。

日本人は、特に若者は近現代史に弱いのだから、歴史は正しく伝えなければならない。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。