記事

香港人権法案は内政干渉、中国が米大使呼び抗議


[上海 26日 ロイター] - 中国外務省は25日、米議会が香港人権法案を可決したことを巡り、米国のテリー・ブランスタッド駐中国大使を呼んで内政干渉だと抗議した。

米議会上下両院は先週、中国が香港に高度の自治を保障する「一国二制度」を守っているかどうか米政府に毎年検証を求める「香港人権・民主主義法案」を可決。法案はトランプ氏が署名すれば成立する。

外務省がウェブサイトに掲載した声明によると、鄭沢光次官はブランスタッド氏に対して、米国は過ちを正し、香港や中国国内の問題への干渉を止めるよう求めた。

さらに、香港人権・民主主義法案の可決は暴力行為を後押しするとともに、深刻な国際法違反に相当し、国際関係の規範を損ねると批判。「中国は大きな憤りを伝えるとともに、断固として反対する」と述べた。

米国大使館の報道官は、ブランスタッド大使が鄭次官に対し、米国が香港の状況を「深刻な懸念をもって」注視していると表明したと明らかにした。

「あらゆる形の暴力や威嚇を非難すると大使は伝えた。さらに、純粋に自由で公正な選挙で多様な政治的見解が反映されるのが社会のあるべき姿と米国は信じていると説明した」と述べた。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  3. 3

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  4. 4

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  5. 5

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  6. 6

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  7. 7

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。