記事

24時間テレビに唯一足りないのは「ゴール」である

1/2
番組ウェブサイト

■24時間テレビの功罪

昨日、文春オンラインで「24時間テレビ」発案者へのインタビュー記事が公開されネット上でプチブレイクしていたので、本記事では方々で議論されている内容についてではなく「企業としてのチャリティ番組運営」についてまとめます。

結論から言えば、24時間テレビに足りないのは「ゴール」ではないか、という話です。私の専門はCSR(企業の社会的責任)という分野でして、企業の社会貢献活動の定点調査をしており、特に24時間テレビは10年ほど前から注目してウォッチしています。その中で、色々な批判や意見も含めて見聞きしてきましたがゴールさえ明確になれば、もっと良い番組になり、企業の取り組みとしても社会的インパクトや企業価値向上に貢献できるのではないか、と考えています。では活動実態を含めて、いくつかの事例も比較してみながら考えてみましょう。

■24時間テレビの実績と寄付事情

先月発表された、2019年放送分の寄付合計は15.5億円でした。42年間の寄付金累計額は396.9億円とかなりのインパクトとなっています。前回(2018年)は8.9億円、前々回(2017年)は6.9億円ですので、今年は大きくジャンプアップしています。非常に素晴らしいことです。

24時間テレビを通じ集まった寄付金の15億円。企業寄付としては、この数字は多いのでしょうか、それとも少ないのでしょうか。この規模感は一般的にはイメージしにいこともあるでしょうから、参考データですが、大手企業の寄付金額を含めた「社会貢献支出」を見てみましょう。

◯社会貢献支出額ランキング2019

1、トヨタ自動車(243億円)

2、ホンダ(74億円)

3、NTTドコモ(64億円)

4、日本電信電話(64億円)

5、JT(60億円)

6、三井不動産(60億円)

7、サントリーホールディングス(58億円)

8、武田薬品工業(55億円)

9、日本生命保険(53億円)

10、パナソニック(46億円)

出典:最新!「社会貢献にお金を出す」100社ランキング

トヨタは別格としても、大々的なチャリティ番組をしていない企業でも、国内トップ企業群はこれくらい使っています。50位はマツダなどで12億円前後、100位近辺ではセイコーエプソン・ブリヂストン・フジクラあたりで6億円前後、となっています。企業の15億円の金額感となると国内50位内くらいのレベルです。ただし、これは寄付を“受け付けた”もので、支出した金額ではないので、詳しくは運営団体(公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会)の決算報告等をご確認ください。あくまで社会貢献費用全般の規模感としての参考情報としていただければと思います。

ちなみに、本メディア運営のヤフー社は「22位:19億円」です。ソフトバンクグループが「20位:21億円」なので、グループひっくるめた数字ではトップ10に加わりそうな勢いです。日本全体の法人寄付/企業寄付は年間8,000億円前後となっていますので(参考:「寄付白書2017」)、トップオブトップの企業群のインパクトはさすがだなと思う次第です。

※ランキングの社名は2018年当時のもの

あわせて読みたい

「24時間テレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  5. 5

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。