記事

フェミニズムをめぐる議論はなぜ前に進まないのか?「宇崎ちゃん」「#KuToo」「ツイフェミ」から考える

1/2

 ニュースやインターネットで上での様々な議論を通じて、「フェミニズム」への関心が高まっている。

 広辞苑によれば、「女性の社会的・政治的・法律的・性的な自己決定権を主張し、性差別からの解放と両性の平等とを目指す思想・運動。女性解放思想」と定義されているフェミニズム。一方、「女性、男性、いろんな性、みんなが平等でHappyな社会を」をスローガンに、匿名での提言活動を行っているフェミニストアートグループ「明日少女隊」の佐多稲子氏は「男性優位社会から女性優位社会に変えるための過激な思想だと言うような人がいるように、フェミニズムに対する誤解があると感じている」と指摘する。

 そこで22日のAbemaTV『AbemaPrime』では、「全ての性の平等を願うフェミニズムは社会に必要」という前提に立ち、最近ネット上で物議を醸したケースについて、何が問題とされたのかを検討するとともに、どうすれば建設的な議論に繋がるのかを考えた。

■参加者



宇佐美典也(元経産官僚)
乙武洋匡(作家)
紗倉まな(AV女優)
青識亜論(ネット論客)
千田有紀(武蔵大学社会学部教授)
陳暁夏代(華僑マーケター)
ハヤカワ五味(株式会社ウツワ代表)
フィフィ(タレント)
福島みずほ(参議院議員、社民党)
向井慧(お笑いトリオ・パンサー)

■ケース1:献血PRポスターに“胸を強調したアニメキャラ”


 日本赤十字社が漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』とコラボしたPRポスターに対し、“過度に性的なキャラクターを用いたキャンペーンだ”という主旨の指摘からネット上で大きな論争に発展した問題だ。前出の佐多氏は「フェミニスト対オタクみたいな構造に見えるが、オタクを攻撃していたわけでもエロい絵を好きな人を批判していたわけでもなく、公共性の高いポスターで公共性の高い場所に展示されていたことが問題だ」と話している。ただ、16日に開かれたイベント「これからのフェミニズムを考える白熱討論会」では、青識氏が「#KuToo運動」で知られる石川優実氏が討論したものの、両者の溝は埋まらなかったようだ。


青識:言葉での共通合意がなかなかできないという実感を得たところで、なかなか合意までたどり着くのは難しいと感じている。

千田:女性の身体などを物のように扱うことが“女性の性的対象化”だと考えている。このキャラクターが好きな人など、特定の人たちにはすごくアピールできるポスターだろうし、それで献血に行こうと思うということも理解できる。その意味で、日本赤十字社がこのポスターを作った理由も理解できる。一方で、こういう扱いをされるのは嫌だという人がいることも事実。私自身は、そこで合意する必要はないと思っているが、どうして嫌だと感じるのか、その声を聞いていくことが大事だと思っている。世の中には色んな意見があるということをまず、話し合うこと。そのためには、まさにこのような場が必要だ。

青識:このポスターを批判している方の主張は、胸が大きいという“性的魅力”を使って献血に誘導していること、つまり胸を過度に強調し、性的対象化・物化し、道具のように使っていることが問題だということだ。ただ、このポスターに女性を物のように扱っているようなメッセージがあるかといえば、そうではない。また、魅力によって商品の購買に誘導することが性的対象化や差別に当たるというのなら、綺麗な方を使った宣伝は全て物化、差別ということになる。この議論の端緒になった太田啓子弁護士のツイートでは、これがセクハラだという言い方までしている。そこまで言えるのかが私は非常に疑問だし、宇崎ちゃんというキャラクターを愛している人からすれば、それこそがハラスメント、傷つく発言ではないかと思った。ただ、千田先生のおっしゃる、話し合うことが重要というのは共感するところなので、否定的な方々の言葉を聞きたい。


福島:私はアニメのキャラクターやデフォルメされたものを否定するわけでも、表現の自由を制限したいわけでもない。また、広告のアイキャッチに女性が使われることもあるのもわかる。ただ、どうして献血のポスターに胸を強調したキャラクターを使わなければならなかったのか、それがよくわからないということだ。献血は男性も女性もするわけだし、それは表現としてどうだったのか。

最近、フラワーデモや女性たちが性暴力について語り合う場に行っているが、小さい時からスカートめくりや覗き、痴漢の被害にあったという話も聞くし、就活では半分以上の女性がセクハラ被害に遭っているというデータもある。やはり男の子も女の子も小さい時から性的な対象、あるいはからかってもいいんだという空気で育つと、それが当たり前になってしまう。国連の女性差別撤廃委員会は2009年、女性を性的対象として見るステレオタイプな認識を強化し、少女の自尊心の低下をもたらす商品などについて、日本に対し勧告もしている。今回のポスターについては、これが雑誌ではなく、不特定多数が見る広告だったという点は不適切というか、問題だった。30年前、まさにヌードポスターを貼るということが環境型セクハラとされた。それ以後、職場も変わり、例えば生命保険会社の水着の卓上カレンダー無くなったりした。


ハヤカワ:何が性的対象化の基準なのか、ということがポイントだ。宇崎ちゃんに関して言えば、元々胸が大きいキャラではあるが、原作漫画やアニメではその点がコアなわけではない。そもそもアニメのキャラクターはデフォルメされているものであって、目や体つきが強調されている。その中で、どこからが性的だとみなすのか。場合によっては、アニメ全般の表現が厳しくなってしまいかねない。

フィフィ:胸の問題に拘っているが、胸が大きい=エロい、エロティシズムなのだろうか。逆に言えば、それがステレオタイプになるかもしれないし、"胸の小さい人はエロを感じない" "セクシーではない"と、言っていることにはならないか?私がこの広告が理解できないのは、性的かどうかという点は抜きにして、なぜこれを使ったのか、関係者はよくGOサインを出したな、ということだ。

青識:広告として成功だったか失敗だったかでいえば、オタクを対象にした場所では献血量は実際に伸びている。もちろん炎上したということも深く関係しているだろうが、その点では意味はあったといえる。なぜこのキャラクターを、と福島先生はおっしゃるが、広告的に効果があったとしても否定するのか。

福島:もちろん何を性的とするかは人によっても違うかもしれないし、グラデーションがある。私としては、小さい時から女の子を性的対象として見る、例えば“セーラー服ってエロいよね”みたいなものが空気のようになっている、その土壌を変えたいということだ。


乙武:確かに胸の大きな女性が水着で広告になっていたとたら、過度に性的なポスターだと誰もが感じるだろう。ただ、世の中には胸の小さい女性もいれば大きい女性もいて、それは個人が変えられることではなく、それぞれが自然な、ありのままの姿だ。今回の場合、たまたま胸の大きな宇崎ちゃんというキャラが選ばれたということだったとしても、過度に性的なポスターにあたるのか。

福島:私は宇崎ちゃんを知らなかったが、先入観なくパッと見たときに、すごく胸の大きい子だと感じた。

フィフィ:やはり胸の問題に拘りすぎではないか。例えばアートには胸を出したものもあるが、それらもエッチだと思っているのか。

福島:水着姿の広告もあるし、美術にはヌードもある。そういうものが良くないと言っているわけではない。私は女性がリスペクトされる社会、女の子がいろんな自分の価値観を発揮できる社会になってほしいから、残念に感じたということだ。

陳暁:日本赤十字社の献血キャンペーンは、これまでも『Fate』や『ラブライブ!』などオタク向けのコンテンツとタイアップしてきたし、乃木坂46も使われている。胸の話は終わりにして、元広告代理店の社員として理解できないのは、組織のリスク管理としてどうだったのか、という点だ。このキャラクターは明らかに炎上リスクがある。『Fate』を使ったポスターはめちゃくちゃかっこよかったが、それに比べて今回はコピーでも「センパイ!まだ献血未経験なんスか? ひょっとして……注射が怖いんスか~?」と煽っている。そういうセリフを言うキャラだということはわかるが、公共の場で不快に捉えられるような表現でもある。やはり知名度が低い段階で使うのであれば、もっとクローズドに使うとか、リスク管理をすべきだったということだ。


千田:リスク管理の意味では、まさにその通りだ。青識さんは献血が増えたとおっしゃるが、逆に献血に行きたくないと感じた女性もいるはずだ。

福島:広告はある種のメッセージで、影響を与える。言葉狩りしたいわけではなく、もっと女性も男性も居心地よく生きていければいいと思っているので、そういう意味では、何を考えているんだろう、という感じだ。

青識:千田先生や福島先生がおっしゃる通り、性的対象化したり、差別的に扱われたりすることが危険だということはよくわかる。その一方で、単に水着の女性がいただけでは差別にならないというのは、まさに文脈に依存しているということ。炎上したものを一つずつ見て、女性から主体性を奪い、胸だけにしか価値がないようなものとして扱っていたのか、というところが議論されるべきだ。その点で今回のポスターは、オタクというかコンテンツを愛する一人のユーザーから見て、やはりフェミニストの言ってることがちょっとわかりづらかった。石川さんとの討論でも、“何がおかしいのか、とにかく言語化してくれ”と聞いたが、最後まで言語化することはできなかった。この“言語化できない”ということを一つの結論として持って帰ろう、ということで終わった。

紗倉:やはり胸が議論の対象になっているが、胸が大きいこと=男子は必ず興奮するもの、という先入観をどうしても感じてしまう。男性は乳首が見えていてもエロくないが、女性はエロいという、その線引きについても、アートかそうでないかによって変わることもある。裸で表現している私としては、それが性的対象化になるという理由がよくわからない。

福島:あれはサイズがいくらだとか、“おっぱい星人”だとか、小さい時から女性はバストが大きいか大きくないかばかり言われる。そういう社会が嫌だし、その“当たり前”を見直してほしいということだ。


フィフィ:結局、誰かの理想や欲求を具現化したものがアニメや二次元の表現だという意識や偏見、嫌悪感が女性の中にあるのではないか。もし仮に生身の女性の水着や、胸が大きな女性だったら、“差別になるかもしれない”と感じて批判に躊躇していたのではないか。

福島:このキャラクターに嫌悪感などはないし、フィフィさんの言うこともわかるけれど、なぜ水着の女性がアイキャッチとして献血のポスターに出てくるのか、必然性がないではないかとは感じたはずだ。

向井:胸が大きいから男性が献血しに行く、と本当に思っているとしたら、男性を馬鹿にしている。

紗倉:男性の性的嗜好を決めつけているように感じる。

宇佐美:こういうキャラを描いたり、好きだったりするのは、どちらかといえば現実の女性に拒否されている方の人たちで、女性と関係の多い人はぶっちゃけて言えば少ないだろう。僕もそちら側だ。そういう人たちが愛する対象としてこういうキャラがいて、自分たちの世界で楽しんでいるだけなのに、どうして現実の世界で、しかも自分たちが関係していない性暴力や性被害の問題に結びつけるのか、という疑問がコミュニティーの中にある。だからこそ議論がすれ違い、ネット上で殴り合いが始まってしまう。

乙武:やはりアニメなのか、それとも実在の女性なのかということでも変わってくるだろうし、“過度に性的”というのも誰から見たものなのか、線引きがしづらい問題だ。

あわせて読みたい

「フェミニズム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野村さんの遺体写真を投稿し賛否

    AbemaTIMES

  2. 2

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  3. 3

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  4. 4

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  5. 5

    宗男氏 辻元氏の質問は意味ない

    鈴木宗男

  6. 6

    前夜祭 安倍首相の答弁は苦しい

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  8. 8

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    ANAホテルが称賛されるおかしさ

    女性自身

  10. 10

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。