記事

上海で「かぐや姫」に溺れた海自1等海曹の末路

1/2

スパイ活動は、中国軍の活動や戦略を支える伝統的な手法だ。特に目立つのが、女性が色仕掛けで誘惑する「ハニートラップ」。もちろん日本の男性も標的になる。朝日新聞国際報道部の峯村健司記者が取材した——。(第1回/全2回)

※本稿は、峯村健司『潜入中国 厳戒現場に迫った特派員の2000日』(朝日新書)の一部を再編集したものです。

建国70周年を記念し、グランドライトショーが行われた上海=2019年10月6日 - 写真=Imaginechina/時事通信フォト

■元米陸軍将校(59)が中国人女性(27)と交際

中国軍によるサイバー空間や宇宙開発など先進分野への進出が目立つ一方で、中国軍の活動や戦略を支える伝統的な手法が、スパイ活動だ。

担うのは、総参謀部(現・連合参謀部)第2部(総参2部)。内外でうごめく数万人と言われる諜報員を束ねている。

多くの日本人が観光で訪れる米ハワイ。地元の連邦地検は2013年3月、元米陸軍将校の男(59)を国防機密漏洩などの罪で逮捕、刑事訴追したと発表した。交際していた中国人女性(27)に米軍の戦略核の配備計画や弾道ミサイルの探知能力、太平洋地域の早期警戒レーダーの配備計画などの軍事機密を漏らしたとされる。

この男は軍歴30年に及ぶベテラン。米太平洋軍司令部に勤務しており、最高機密にも触れることができた人物である。検察によると、2012年に退役して、米軍が契約する防衛関連企業で働いていた。彼は11年5月にハワイで開かれた軍事関係の国際会議で、大学院生として参加していたこの中国人女性と知り合って、翌月には交際が始まったという。

■「女性の研究を手助けしようと思った」

自宅からは、米軍の対中戦略や米韓合同演習に関する機密文書などが見つかっており、これらの文書を電子メールで女性に送っていたようだ。調べに対し、機密文書を自宅に持ち帰ったことについて、

「女性の研究を手助けしようと、自分で勉強する目的で家に持ち帰った。女性が中国当局とつながっていたことは知らなかった」

と供述しているという。

この中国人女性は、研究員や研修生向けの「交流訪問者ビザ」で米国に入国し、米国内の大学に在籍していたが、詳しい身元やその後の行方はわかっていない。

一方検察当局は、米軍の重要な機密情報が外に漏れた事実を重くみて、この男に対して禁錮20年、罰金50万ドル(約5500万円)を求刑。地裁は14年9月に女性への機密漏洩を認定して、禁錮7年以上の判決を下した。

■色仕掛けで弱みを握る「ハニートラップ」

中国にとってハワイはどのような場所なのだろうか。太平洋軍司令部に勤務したことがある米軍元幹部は言う。

「中国はハワイを情報収集の重要拠点と位置づけており、軍や情報機関が相当数の諜報員をハワイに送り込み、太平洋軍の情報を手に入れようとしている。そのため、米当局は警戒を強めており、中国政府が以前からホノルルに総領事館をつくることを求めているが、米政府はそれを認めていない。中でも女性を使って接触を図るケースが目立つ」

スパイが色仕掛けで外交官や軍当局者を誘惑したり、弱みを握って脅したりする諜報活動は、「ハニートラップ」と呼ばれる。諜報対象は、米国だけではなく、その同盟国にも広がる。米国の同盟国で安全保障を担うある政府幹部は、2016年にホノルルで開催された会議に参加した時のことを振り返る。

「各国から軍事・防衛当局の幹部らが集まる会合でのことです。一連の会議が終わり、最終日の夕食会がホノルル市内のホテルでありました。中国代表団の中には、昼間の会合には出席していなかった20代後半か30代前半の女性がいました。長身でスタイルが良く、チャイナドレスに身を包んでいました。年配の男性中心の会場では存在が際立っており、他国の軍幹部に積極的に声をかけていました。私にも声をかけてきて、『一緒に飲みに行きましょう』と誘われたり、携帯番号を尋ねられたりしましたが、断りました」

■上海の日本総領事館で自殺した40代男性

日本も対岸の火事ではない。

2004年5月、中国・上海の日本総領事館に勤務していた40代の男性領事が中国側から外交機密に関連する情報などの提供を強要されていたという遺書を残し、総領事館内で自殺した。領事は外務省と総領事館の暗号通信を担当していた(※1)。

(※1)「公電通信担当の上海総領事館員が自殺 『中国が外交機密強要』と遺書」(読売新聞2005年12月27日朝刊)

この領事は、ある中国人女性と交際していた。この女性は上海市内のカラオケクラブ店に勤めており、2人はこの店で知り合ったという。中国のカラオケクラブは、個室になっていることが多く、ホステスが同席する。この店の名は「かぐや姫」。日本総領事館をはじめ日系企業の事務所が集中する市西部の虹橋地区にあり、客のほとんどが日本人だったという。

しだいに、中国の情報機関である国家安全省の当局者がこの女性を通じて領事に接触してくるようになり、総領事館内の内部情報を求めてきたという。事件の内情を知る日本政府関係者は次のように証言する。

「この領事は遺書で『一生あの中国人たちに国を売って苦しまされることを考えると、こういう形しかありませんでした』と記されていました。自身が担当していた暗号通信の情報を渡すように脅されると考え、自らの命を絶ったようです。邦人が最も多く住む上海には、情報機関とつながりがある日本人向けのカラオケクラブ店が多数あり、『かぐや姫』もその一つでした」

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。