記事

【日韓関係】もう韓国に言うことを聞かせることはできない? 韓国研究の第一人者・木村幹氏が語る日韓の意識変化

1/2

徴用工問題や日本の輸出規制、韓国のGSOMIA破棄通告などを経て、過去最悪とも言われる日韓関係。両国がお互いに対して譲歩できないのはなぜなのか、その背景には日本と韓国のどのような意識の変化があるのか。韓国政治研究の専門家である神戸大学大学院教授の木村幹氏に話を聞いた。

BLOGOS編集部

「韓国が日本に関心がないわけがない」という期待

—木村さんは現在の日韓関係をどのように捉えていますか?悪いのか、それとも特別悪いわけではないと考えるのか。

今は悪いというべきでしょう。これまでは日韓関係がギクシャクしても「日韓の関係は重要で、様々な問題があっても努力しながら維持しないといけない」という意識が両国のどこかにありましたが、現在はその雰囲気さえ消えつつあるように見えます。

例えば日本ではメディアで「日韓断絶」といった用語が見られることも多くなりました。「韓国との関係が悪くなっても構わない」「改善しなくてもいい」という趣旨の話が当然のようにされており、これまでとは明らかに違う段階に入ったと考えています。

一方で韓国の側でも、文在寅大統領が8月15日の演説で「色々な問題はあるけれど、私たちは自分たちで技術を開発して、日本の圧力に勝つんだ」といった内容の演説をしています。つまり、日本に譲歩して輸出管理措置を解除してもらうのではなく、自分たち自身が力をつけて難局を乗り切るのだ、というわけです。自分たちが正しいことを言っているのだから、そこは曲げる必要がない、ということになりますね。政治家がこのように発言して、世論もこれに賛成していることは、韓国でも「日韓関係は大事だから、嫌なことがあっても譲歩しよう」という考えが影響力を失っていることを示しています。これまでになかった状況ですが、僕は今後これが元に戻ることは難しいだろう、と思っています。

—7月の輸出管理措置発表以降、韓国の人たちを取り巻くムードはどのように変化していますか?

世論を考える時には「好きか嫌いか」というベクトルと、「それがどの程度まで重要か」というベクトル、この二つのベクトルを区別して考える必要があります。最近になって少し変わってきましたが、7〜8月の韓国では日本に旅行に行こうと計画してチケットを買っている人でも、キャンセル料を払って旅行を中止した人が多かった。日本が嫌いなわけではないけど、今のタイミングでは行きづらい、と考えたからです。例えば、SNSに日本旅行の写真をアップするといろんなコメントが来るかもしれないし、ちょっと今はやめておこう…という雰囲気は確かにある。

ただ問題はそれがどの程度、彼らの生活の中で重要なのか、ということです。例えば僕は9月末に韓国に行く機会があったので、日本でよく報道される「NO JAPAN」とか「NO ABE」と書いてあるポスターが街中にどの程度あるのか探してみました。それで、いろんなデモが行われている地域を中心に歩いたのですが、結局、見つかったのは元日本大使館前、もっとわかりやすく言えば、慰安婦像の隣に貼ってある1枚が辛うじて見つかっただけ。その夜に一緒に食事をしたとある新聞社の友人は、「ソウル駅の近くにも1枚貼ってありますよ」と言っていましたが、それがマスメディアの関係者の間でも話題になるくらいだから、実際にソウルで暮らしている人にとっては、これらのポスターを目にする機会はほぼない、と言っていい。当たり前だけど、普通の韓国の人にとっては、生活に直結する国内事情や経済状況の方がはるかに重要で、彼らが常に日本のことを意識して生きているわけじゃない。だからこそ、今はちょっと日本製品を買ったり、日本に旅行したりするのは雰囲気が悪いからやめておこうかな、くらいの感じで、ボイコットは続いていく。

BLOGOS編集部

—日本では、韓国国内では反日ムードが盛り上がっているように考えられていますが、実際はそうではないと。この認識のズレはなぜ生まれると思いますか?

相手国の状況はそもそもそう見えるものだから、というのが一つの理由でしょうね。対外関係について考える時、例えば、アメリカの場合でも、日本人は日米関係に主な関心があるから、関連するニュースを中心に報道がされる。だから、ニュースだけ見ていると、トランプ政権が常に安倍政権のことを考えているかのように見えたりもする。韓国も同じで、日本人が韓国について議論をする際の主たる関心が日韓関係にあるから、その部分ばかりがクローズアップされる。だから、あたかも、韓国にとって日本が全てであるかのように錯覚してしまう。

もう一つは日本人が持っている韓国に対する「期待」でしょう。例えば日本人の中には、一方的に「韓国が日本に大きな関心がないわけがない」という人が数多くいる。でも、実際の状況は全く違う。例えば日本の書店にはたくさんの嫌韓本が並んでいるけど、韓国の大型書店に行っても、日本に関する本は極めて少ない。でもそういう話をしても、多くの人は信じようとすらせず、「そんなわけがない」という。事実は動かしようがないわけですが、一部の日本人はその事実を認めたくない。

矛盾した「嫌韓論」のメッセージと韓国に対する諦め

—韓国には日本に関心を持っていてほしい、と。

日本人にとって台湾と韓国というのはある意味ワンセットになっていて、台湾は日本が好きで、韓国人は日本を憎んでいる、というステレオタイプな認識を持っている。その前提には、この二つの国の人々は日本に関心を持っているはずだ、という考え方がある。だから例えば、サウジアラビアやトルコの人が日本に関心を持っていない、と言われても仕方ないか、と思えるけど、韓国と台湾の人に対してはそう思えない。実際には日本は所詮、彼らにとって一つの外国に過ぎませんから、彼らがずっと日本のことを考えているわけではないのだけど、それがなかなかわからない。

—逆に韓国の人は同じように「日本は韓国が好きなはずだ」という期待を持っていないのでしょうか。

ここはちょっと微妙な所ですね。例えば、今の韓国では多くの人が「7月の輸出管理措置発表あたりから、日本は急に変わってしまった」と考えていることです。そしてその背景には、「政府や一部の右翼的な人たちはともかくとして、普通の日本人は日韓関係が重要だと思っているに違いない」という漠然たる期待がありました。韓国では、日本人が韓国に対して差別意識を持っているという理解もあるので、日本人が韓国人を「好き」だと思っている、と考えているかどうかは微妙ですが、「日本人は少なくとも建前としては、日韓関係は重要だと言ってきたし、その建前までを潰すようなことはしないだろう」とは、思ってきた。

でも、今回の輸出管理措置とその後の状況で、韓国の人々は、今の日本に「日韓関係なんてどうでもいい」という考えが広がっていることを知った。だから、「どうしてそんなことになったんだ?」といぶかしんでいる。実際には、日本のこの状況は10年以上の時間をかけてゆっくり進んだのですが、そのことはほとんど理解されていない。

—そういう日本イメージがあるんですね。

簡単に言えば、日韓両国は共に、1990年代頃の古いイメージで相手を見ている。当時は日本人にとっては、韓国はまだまだ力を持っていない弱い国で、しょっちゅう経済危機に陥って、日本に助けを求めてきた印象が強く残っている。韓国が嫌いな人たちが「どうせあいつらは金が欲しいんだ」的なことをよく言いますが、そこには当時の弱くて不安定だった韓国のイメージが如実に表れている。

でも、それから30年近くを経た今、僕らの目の前にある韓国はそういう存在ではなくなっている。輸出管理措置により、日本から特定の産品が輸入できない可能性がある危機に直面しても、「もうそれでいいよ。自分たちで作るから」と開き直る状況になっている。多くの人が何となく思っている、最後は頭を下げて来るだろう、と思っている韓国はそこにはない。こういう日本人の韓国に対するイメージは、歳とった兄弟の関係に似ているかもしれない。兄や姉は、弟や妹がまだ小さくて弱かった時のイメージを引きずったまま、「あいつは昔と違って、最近は言うことを聞かない」「でも昔は言うことを聞かせられたんだから、今もきっと最後にはそうなるはずだ」と思っている。でも実際には弟や妹も、立派な大人になっていて、昔のように兄や姉に簡単に屈服することはない。

—特に日本にとってですが、韓国が期待通りにならないことのストレスで嫌韓が盛り上がっているとも見ることができそうです。

今の日本の嫌韓論には明確に矛盾する二つのメッセージが込められています。一つは輸出管理措置が発表された時に噴出したように、「日本は韓国を屈服させることができる」というもの。「韓国は力がないから、言えば従うはずだ」という考えですが、ここまで述べて来たように、ここには昔の韓国のイメージが反映されている。60代、70代の中にこういう人が多いのは、彼らの韓国に対する理解が古いからですね。

これに対して、「韓国との関係なんか断絶してしまえ」という意見もあります。ここでの韓国は簡単に屈服させられない存在であり、また屈服させる手間をかけるべきものではない存在として現れている。これまでの長い対立の経験から、そう簡単には屈服させられないイメージがあって、その事実に対して、あらかじめ予防線を張っているようなロジックになっている。典型的な、手の届かない高い所にあるブドウを前にして、「あのブドウはきっと酸っぱいから美味しくないに違いない」と言ってごまかすやつですね。こういうのは時に「合理化」なんて言ったりします。

BLOGOS編集部

先ほどの例えで言えば、兄や姉が、既に成人して独り立ちした弟や妹に対して、「自分は何時でも彼らに言うことを聞かせられるんだ」と思っていたのが、いつの間にかできなくなり、結果、諦めて「あいつらがおかしい」と言い放つ状況ですね。屈服させられると考えるのと、屈服させるのを諦めて状況の責任を相手に一方的に押し付けて合理化するのでは天と地ほどの差があるわけですが、嫌韓を自負する人たち自身がその違いに気づいてないことも含めて、今の日本の韓国に対するある種の認識を典型的に表していると思っています。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  2. 2

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  3. 3

    生理の妻へ食事配慮 批判の声も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  5. 5

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  6. 6

    朝日が早期退職募集 新聞の明暗

    AbemaTIMES

  7. 7

    沢尻被告「つながりを一切断つ」

    AbemaTIMES

  8. 8

    桜追及で越年? 野党の戦略に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    宗教の垣根超えた中村医師の活動

    AbemaTIMES

  10. 10

    雅子さま「体がガクリ」の瞬間

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。