記事

教科書や問題集を電子に。Libryで学習の質向上と教員の長時間労働問題解決


こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

昨日は、EdTechスタートアップのLibryさんをお尋ねして、事業に関するご説明をいただきました。

Libry(リブリー)

教科書等の教材をタブレット端末やスマートフォンで利用できるサービスです。

このサービスを利用するメリットは多くの教科書を持ち運ぶ必要もなくなることです。
また、関連する問題など必要な情報へ瞬時にアクセスできることもメリットです。

また、デジタルとアナログのハイブリッドな運用が行われていることが特徴的でした。
教科書や問題集は電子化されていますが、紙のノートで学習する点です。

ただ、教科書等が端末で閲覧できるだけではなく、教員が操作する管理画面も作り込まれています。
例えば、画面をタップするだけで完了する採点や瞬時に結果の分析ができる機能が用意されていたり、カメラを活用することでノート提出が簡単にできます。
ノート提出については、必要なページを探す手間も省かれます。

蓄積された学習ログにより、授業の準備やその後の支援も効率的に行うことが可能です。

さらに、特に重要な点は、昨今問題となっている教員の長時間労働の解決にもつながることです。

学習指導、学習指導、成績処理は、システムを活用することで、効率的に行うことができるようになります。

現場の教員の方からは、
「以前は23時までかかっていたのが、20時になりました。3時間の短縮は大きいです。」
とのメッセージが届いているそうです。
教員のQOLとして大きな改善をしています。
(そもそもが非常に問題のある環境だとは思いますが、過去よりも改善していること自体はポジティブに捉えています。)

Libryさんのサービスは、時代の流れをとらえた優れたサービスです。

現在は、高校、理系科目を中心に開発・導入が進んでいますが、今後は義務教育の現場でも導入されることを期待しています。

新宿区でも、EdTechの導入に取り組んできました。
教職員の数を増やすことも有効ですが、既存のリソースの中で工夫をすることも大切です。

児童・生徒のためにも、ICT化を推進しながら教育の質向上と教員の長時間労働両立を進めてまいります。

それでは本日はこの辺で。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  5. 5

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  8. 8

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  9. 9

    10年前は有事の国会閉会を批判 国会軽視の態度に変わった菅首相

    野田佳彦

    06月21日 17:43

  10. 10

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。