記事

GSOMIAチキンレースに敗れた韓国

■男を下げた文在寅大統領

 韓国政府がGSOMIA失効に待ったをかけた。一時は本当に破棄するのではないか?と騒がれたが、結局、このチキンレースは最後には韓国側が逃げた格好となった。チキンレース風に喩えるなら、崖から飛び降りる寸前に急停止したようなものかもしれない。

 文在寅氏は反日政策の勢い余って「GSOMIA破棄!」と拳を振り上げたものの、間髪入れずにアメリカから注意を促されることになった。
 アメリカの鶴の一声で直ぐさまGSOMIA破棄を撤回するとなれば韓国世論も自身のプライドも許さないので、最後の最後まで引っ張ったというところだろうか。

 「日本が譲歩すればGSOMIA破棄を取り消す、しかし、日本が譲歩しなければ我々は本当にGSOMIAを破棄してしまうぞ、どうする?!」と凄んでみたものの、日本側が全く取り合わなかったため、内心はガクガクブルブル状態でこの日を迎えたのかもしれない。

 この出来事で1つだけハッキリ言えることは、「文在寅大統領は男を下げた」ということ。無論、韓国国内だけでなく日本でも「男を下げた」ことになる。自らが言い出し始めたチキンレースに敗れたのだから自明の理だ。

■チキンレースに敗れた者が辿る道

 幸か不幸か、日韓のGSOMIAはこのまま世論を上手く交わしながらフェードインしていくことになり、元の鞘に収まることになるだろう。そのうち、何事も無かったかのような素振りに変わっていくのかもしれない。

 しかしその代わりに、文在寅氏の反日政策は「本気」ではなく「ポーズ」でしかなかったということが徐々に認識されていくことになり、韓国国民の信用を失っていくことになるだろう。

 偽りの民主主義(愚民主義)を維持する上で最も重要なことは、国民に嘘がバレないことであり、一旦、国民の側に疑いの目が生じると、その綻びは徐々に広がっていくことになる。
 その綻びを覆い隠すために、時の大統領は更に大きな権力の行使によって影に追いやられてしまうことになる。
 文在寅氏も、これまで幾人かの韓国大統領が歩んできた同じ道を歩むことになるのかもしれない。チキンレースに敗れた者が辿る茨の道を…。

あわせて読みたい

「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  2. 2

    植松被告 翌朝小指噛みちぎった

    篠田博之

  3. 3

    疑惑の政治家に不逮捕特権が復活

    渡邉裕二

  4. 4

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  5. 5

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  6. 6

    「安倍は嘘つき」桜の会で浸透か

    メディアゴン

  7. 7

    小栗旬社長就任へ 現社長認める

    女性自身

  8. 8

    漫画村を追い詰めた天才ハッカー

    文春オンライン

  9. 9

    「AI美空ひばり」は腹話術の人形

    毒蝮三太夫

  10. 10

    石破氏の根拠ない自衛権論に疑問

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。