記事

「森友の時の構図と酷似」 野党「桜を見る会」追及チームが第6回会合


 「森友の時の構図と酷似している。総理案件になると資料が消える」。野党は22日、「総理主催『桜を見る会』追及チーム」の第6回目となる会合を国会内で開いた。会合では、なぜ内閣府の招待者名簿だけ国会質問の直前に破棄されたのか、文書や電子的なデータが厳密にいつ破棄されたかについて、出席者の質問が集中した。

 関連文書の廃棄が国会質問の直前となったことについて、たまたま文書廃棄シュレッダ―の「各局の使用が重なって調整した結果」と政府が答弁していたことに関し、出席者からは次々と疑問の声が上がった。関連電子データの消去がいつなされたかについて「知ることは技術的に不可能」と内閣府が回答していることについても、出席議員からこれをさらに説明するよう求める声が上がった。

 さらに反社勢力の「桜を見る会」への参加も報道される中、「招待客の名簿を警察に提出(照会)したことはない」と回答する内閣府に対し、原口一博国対委員長は、「皇族や閣僚、各国大使も来るのに警察庁の人的スクリーニングを通していないのは危険ではないか」などと指摘し、「桜を見る会」の緩い警備体制を批判。また原口委員長は、安倍総理が「桜を見る会」の前夜祭を民間のホテルで開催したことに関連し、過去に総理がホテル等で執り行った公式行事(晩さん会等)のリストや予算の一覧を提供するよう、内閣府などに求めた。

あわせて読みたい

「桜を見る会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。