記事

熊本城の復興はどこまで進んでいるのか 3年ぶりに撮影してきた

おはようございます。BLOGOSの田野です。九州新幹線で熊本に来ております。


2016年に発生した熊本地震。その取材で訪れて以来、3年ぶりの熊本です。

今年10月から熊本城の特別公開が開始されたというニュースを耳にし、20年かかると言われている熊本城の復興工事がどこまで進んでいるのかを自分の目で確かめたく、取材にやってきました。

サクッと動画レポート

熊本城の特別公開は原則日・祝のみ


熊本城の特別公開は原則として工事のない日曜日と祝日にのみ行われます(年末年始も特別公開予定)。


天守閣の内部には入れませんが、天守閣前広場まで行くことができ、復旧工事の様子を間近に見ることができます。

あいにく平日の取材だったので特別公開には参加できませんでしたが、3年前の写真と現在の熊本城の復興の様子を比較していきましょう。

2019年 熊本城復興の様子

熊本駅から市電で熊本城に到着。まずはお堀の石垣の様子から。

2016

2019

シートだけだった石垣にガッツリと足場がかけられていました。いかにも「工事中です!」という印象が強くなっています。

2016

2019

戌亥櫓は崩れた石垣部分に雑草が生い茂っただけ。「夏草や兵どもが夢のあと」とはよく言ったもので、このあたりはまだそのままです。

加藤神社

2016

2019

3年前は崩れてそのままになっていた灯籠は元通りに。

2019

2019

加藤神社にあった虎の石像。修復されているものの尻尾が少し欠けてしまっていました。

2016

2019

盛大に崩れていた加藤神社の石垣はネットに覆われ土嚢も積まれています。工事関係者の車がたくさん停められていました。

熊本城

2016

2019

瓦があちこち剥げ落ち、ヒビも目立っていた天守閣。工事用の巨大クレーンが設置され、着々と工事が進んでいます。

2016

2019

大天守の外観工事はほぼ完了。2021年春の復旧と内部公開を目指しています。

崩れた石垣を元の場所に積み直すという途方もない作業

復元方法が展示されていました(2019)

2016

2019

広場に積まれていた大量の石垣の石はそのまま。新しい石を挟んで積み直しをしていくのですが、この量を元通りにするってとんでもない作業です…。

2016

2019

石には番号が振られており、壮大なパズルのよう。これは20年かかるのも無理ないですね…。

2019

2014

二の丸広場を歩いていると、懐かしい顔ハメの甲冑が置いてありました。この甲冑、元々は天守閣前広場に置かれていたもので、震災前の2014年に同僚と観光に来た時、写真をたくさん撮った思い出が。5年の月日を感じます。


最後は熊本城のお向かいに立つ熊本市役所へ。こちらには無料の展望スペースがあり、熊本城を一望できます。


クレーンの大きさがひと目で分かりますね。江戸時代の人が見たら腰抜かすだろうな…。

熊本城特別公開の詳細


入園料:高校生以上500円 小中学生200円 未就学児無料
公開時間:9時〜17時

2020年春には特別見学通路が開通し、2021年春に天守閣の内部が公開される予定。特別公開の詳細は公式サイトをご参照ください。

【公式サイト】https://kumamoto-guide.jp/kumamoto-castle/grand-unveiling/

成田や関空からLCCなら片道数千円で行ける熊本。復興工事中の熊本城を見られるのは今だけなので、ぜひあなたも応援に。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  5. 5

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    障害者マークのデザイン招く誤解

    古谷経衡

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。