記事

静かな街とノー選挙カー インタビューされました


 日本の街に氾濫している拡声器の音を少しでも減らしたいと活動している団体からインタビューを受けた。選挙で選挙カーを使っていないからだ。

■日本は音の洪水

 その団体は、「静かな街を考える会」。1984年から活動を続けてきており、同会のサイトには、『日本人は静けさを愛する国民と言われてきました。しかし、今日の日本はまさに「音」の洪水であり、それが私たちの心の安らぎを奪っています。そこで、私たちは生活環境をより快適にするために、公共空間における拡声器音を減らそうという運動を続けています』と紹介されている。

 運動や活動の内容は、年に一回、機関誌「AMENITY」を発行して会員や一般向けに配布を行っているという。

 拡声器音は、移動営業車の商業宣伝、商店街における店頭放送・街頭放送・音楽、観光地などにおける音楽・宣伝放送などで、選挙時の連呼など種々の営業外宣伝活動も含まれている。そのため、選挙時に選挙カーを使っていないことをネット検索で知って川名にインタビューが申し込まれたのが経緯だ。

■どうしたら選挙カーが減るか?

 内容は、現在は団体としての活動が止まっている「「NO!選挙カー推進ネットワーク」のこと。なぜ、選挙カーを使うのか。どうしたら選挙カーを使わないようになるかなどだった。

 私自身は、選挙区から一人を選ぶような選挙(市長選挙や国政選挙)であれば候補者が少ないからまだしも、市議会議員選挙のように狭い地域を数十台も走るような選挙となれば市民に迷惑だろうなと思っていること。自分の選挙スタイルでは不要であり、経費削減(選挙カーを使うと税金が支払われるので節税にもなる)、環境にも良くないと判断して使っていないことを説明した。

 詳しい内容は、機関誌をご参照していただきたいが、有権者が選挙カーを判断材料の一つにする。選挙カーを使わないと票が入るといったイメージが広がれば選挙カーの使用が減るかもしれないと意見を述べた。


 インタビューは外国から日本に来られたC.J.ディーガンさんから受けたのだが、日本の音の多さに驚いたと話されていた。日本人は音の多さに慣れてしまっているのかもしれないが、選挙カーだけでなく、海水浴場で聞きたくもない音楽が流れているなど、街中、街以外でも不要な音が確かに多いように思う。多くお人が音のことに気が付き、少しでも減らすことを考えてみることが必要ではないだろうか。選挙カーだけでなく。

【参考】
静かな街を考える会

今回もノー選挙カーです(2019年04月17日)


※写真は記事が掲載されている「AMENITY」37号と記事

あわせて読みたい

「選挙カー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  4. 4

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

  5. 5

    「野党に政権は任せられないが、自民党がこのままでは困る」有権者の棄権を招く政治の貧困さ

    PRESIDENT Online

    10月23日 12:38

  6. 6

    「奨学金はチャラ、消費税は廃止」れいわ新選組・山本太郎代表

    ABEMA TIMES

    10月23日 11:18

  7. 7

    超話題作「イカゲーム」:その続編はあるか?

    島田範正

    10月23日 13:11

  8. 8

    Uber配達員に優しいインド料理店 ラッシーを奢ってくれる店も

    キャリコネニュース

    10月23日 10:42

  9. 9

    飲食店のネット予約数が大幅増 コロナ流行前の水準に回復

    ABEMA TIMES

    10月23日 16:47

  10. 10

    長期的に安定している日本の政治 カギは「与党内野党」の役割を担ってきた公明党

    WEB第三文明

    10月23日 14:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。