記事

グーグル先生と人間の専門家の違い&使い分け方

先日、温泉旅行に行ったのですが、そこで見たある地域がすんごいことになっていたので、思わず知人の木下斉さんにツイッターDMで「この町ってどーなってるんですか!??」と聞いてしまいました。

そしたら(いつものことながら)すぐに、かつ完璧に教えてもらえ、感謝するとともに「やっぱすごいな」と感嘆しました。

木下さんは地域再生のプロで、関係する著作もたくさんあります。

これ、何がすごいかというと、私はわからないことがあれば、大抵の場合グーグル先生に聞くんです。

でも地方都市の実情について知りたいことがあったら、(後述するように)もちろんグーグルでも基本的なデータは調べるのだけど、

「やっぱコレは木下さんに聞くべきでしょ」と思うし、実際そうします。

なぜなら木下さんの回答は、こと地方の実情に関して言えば、グーグル先生の回答より遙かに本質的だし、わかりやすいから。


で、思ったのが、「専門家の価値ってのはこういうことだよね」ってこと。

なにか知りたいことがでてきたときに、「グーグル先生に聞いたほうがマシ」みたいな人は専門家として成り立ち得ない。

それは「知識の深さ」という意味だけではなく、「わかりやすく説明する力」や、「こちらの質問意図を(こちらの語彙力が拙くても)しっかり読み取ってくれる力」とかを含めて。

ここがわかってないと、専門家になりたいからといって「がむしゃらに知識量を増やす」みたいなことをして、逆にグーグル先生に返り討ちにされてしまう。

大事なのは、ソコじゃないんです。


今回に限らず地方の街について知りたいことがでてきたら、私はたいてい木下さんに聞くのだけど、

その回答は常に「グーグル超え」だし、多くの婆合、「グーグルなんか足下にも及ばないよね」と思えるレベルです。

このように「人間の専門家」というのは(すくなくとも今のところ)「グーグル超え」はもちろん「グーグルなんて遙かに超越」しています。

そして(繰り返しますが)その理由は「知識がグーグルより豊かだから」ではありません。

そうではなく、知識を自分独自の「思考の棚」に格納してるから、ものすごくユニークな洞察を持っている。

価値はそこにこそあるんだと、あらためて認識しました。

※「思考の棚ってなに?」って人は下記の本をお読みください。

自分のアタマで考えよう
posted with amazlet at 19.11.22
ちきりん
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,238
Amazon.co.jpで詳細を見る

ただし最初に書いたように、「グーグルに聞いてもわかりそうなこと」はもちろん(先に)そっちで調べます。

たとえば人口とかその推移、財政規模くらいはググればすぐわかる。そんな数字まで木下さんに聞くのは申し訳ない。

だから先にグーグルに聞くだけであって、けっして「グーグル先生のほうがよく知ってそうだから」先に聞くわけじゃない。

さらに大事なのは、先にベースとなる数字を手に入れておかないと、木下さんに「まともな質問」ができないってことです。

基本的な数字を知れば、「なにを木下さんに聞けばいいかがわかる」から、先にググる。

これは「専門家に意味のある質問をしようと思えば、先にグーグルで予習しておく必要がある」ってことを意味します。

そして、専門家の話を聞くと「次にググるときに使うべきキーワード」が手に入るのも大きい。

この「価値あるググりキーワード」を教えてくれるのも、専門家の大きな価値なんですが、これも気づいてない人が多そう。

専門家に聞くべきは「答え」ではなく、その洞察=「どんな思考の棚を作るべきなのか」と、「今後の学びの生産性を飛躍的に上げてくれる、価値あるググりキーワード」なんだよね。

まとめれば、

1)ググって、ベースとなる知識を得る

2)それを自分の「思考の棚」に入れて、自分なりの(超つたない)洞察を得る=「自分のアタマで考える」の実践

3)その洞察を専門家にぶつけて質問する

4)専門家から、(自分の出した洞察より)遙かに高いレベルの洞察を教えてもらう=どんな「思考の棚」を使うべきなのかを学ぶ

5)同時に、専門家の洞察から得た「価値あるキーワード」でググりなおし、さらに理解を深める(→1へ戻る)

というのが、標準(推奨)プロセスだってこと。

グーグルで予習 → 専門家に教えてもらい → グーグルで復習

といってもいいかな。

ちなみにSNS上では、最初の「そんなのググればいい」ことをいきなり専門家に質問してる人がいるけど、それはちょっと失礼だし、

自分の思考力の低さが(衆人に)バレてしまうので、質問者にとってもいいことはないと思います。

以上、少なくとも 2019年の段階では、まだまだ AI型検索エンジンというのはそのレベルなのだという記録のためと、

木下さんへの御礼とレスペクトを表するために、書いてみました。

地方再生関係の御著書、たくさん書いていらっしゃいますので、興味ある方は、ひとつは読んでみればいいと思います。

地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門
posted with amazlet at 19.11.22
木下 斉
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 4,536
Amazon.co.jpで詳細を見る

稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書)
posted with amazlet at 19.11.22
木下 斉
NHK出版
売り上げランキング: 6,534
Amazon.co.jpで詳細を見る


そんじゃーね!

あわせて読みたい

「検索エンジン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  2. 2

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

  3. 3

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  4. 4

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  6. 6

    日韓の「こじれ」朝日新聞に責任

    NEWSポストセブン

  7. 7

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  8. 8

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  9. 9

    ケンコバ語るTV業界の忘年会離れ

    AbemaTIMES

  10. 10

    玉木代表が野党再編で蚊帳の外に

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。