記事

中国需要、1─3月あたりから回復する可能性=パナソニック社長


[東京 22日 ロイター] - パナソニック<6752.T>の津賀一宏社長は22日、都内で会見し、中国での需要が「第4四半期(20年1─3月期)ぐらいから、少し回復してくるのではないか」と述べた。

津賀社長は、事業への影響要素として「中国の投資・消費や自動車関係の消費の落ち込みなど、構造的な要素があり、この影響が一番大きい」と述べた一方で、優良な顧客と取引している限り「それほど大きな懸念ではない」との認識を示した。

津賀社長は前日まで中国に滞在していたとし、その感想として「ムードがすごく暗いということは決してない」と指摘。パナソニックが部品や設備を販売するメーカーの「マインドは悪くない」とした。

あわせて読みたい

「パナソニック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  6. 6

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。