記事

LIBORベースのスワップ、来年第1四半期から中止を 英機関が要請


[ロンドン 21日 ロイター] - 英金融行動監視機構(FCA)は21日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)ベースのスワップ取引の提供を2020年第1・四半期から中止するよう銀行に求めた。

FCAはLIBORの算出が2021年末に中止され、英中銀が算出するポンド翌日物平均金利(SONIA)が代替金利になるとの見通しを示した。

ロンドンで講演したFCAの市場・ホールセール政策担当ディレクター、エドウィン・スクーリング・ラター氏は「ポンドの金利スワップ市場では、マーケットメーカーが2020年第1・四半期からSONIAを市場慣行とすることを奨励する」と発言。

現段階では、SONIAではなくLIBORを利用する特別の理由がある場合、ポンド建てのLIBORベースのスワップ取引は可能だが、SONIAベースのスワップが標準になるとしている。

同氏は「SONIAベースのスワップのインフラと流動性はすでに存在しており、比較的低コストで実現できるはずだ」との認識を示した。

同氏によると、ポンド建ての変動利付債の新規発行や証券化ではLIBORではなくSONIAがすでに「標準」になっており、新たな住宅ローンでLIBORを利用するケースもまれ。

ただ2021年末以降に期限が到来するポンド建てのスワップでは、かなりの取引が新たにLIBORベースで締結されており、企業向け融資でも、引き続きLIBORの利用が一般的になっているという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  2. 2

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  3. 3

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  10. 10

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。