記事

『麒麟がくる』沢尻エリカの代役は「川口春奈」恋も仕事も絶好調

川口春奈と矢地祐介

 11月21日、来年放送されるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の「帰蝶」役に、女優の川口春奈が起用されることが発表された。16日に逮捕された、女優・沢尻エリカ容疑者の代役をつとめる形となる。

 NHKは、「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただけると考えた」とコメントしている。

 川口の大河ドラマ出演は、今回が初めて。「帰蝶」は、斉藤道三の娘で、織田信長の正妻という、作中では重要な役どころだ。制作現場では、すぐに収録に参加できるよう、経験豊富な女優を探しており、川口に白羽の矢が立ったようだ。

 川口といえば、本誌が、総合格闘家・矢地祐介氏との約1年にわたる真剣交際を報じたばかり。川口のプライベートを支える矢地の人柄について、格闘技ライターの布施鋼治氏はこう語る。

「中学までは野球をやっていて、10代のときに山本 “KID” 徳郁(故人)が設立したKILLER BEE(現・KRAZY BEE)に入って、ジム通いして強くなった選手です。ぱっと見はおちゃらけたキャラクターで、呼び名は『KRAZY BEEのお祭り漢』。

 ただ、実生活でチャラついている印象はなく、格闘技にはストイックに取り組んでいる。選手としては、立ってよし、寝てよしで、バランスのいい、今の総合格闘技を具現化している選手です。人間的にも、すごく明るい感じ。すごくまっとうだし、とっつきにくさもない」

本誌直撃にも笑顔で

 いわゆる「格闘家」のイメージからは少し違った、好青年ぶりがうかがえる。本誌が、川口との交際について矢地を直撃した際も、「あ~(笑)。何も話せなくて。ごめんなさい。わざわざ来てもらったのに」と、笑顔の対応を見せていた。

 プライベートでも仕事でも好調な川口。大河出演で、これから多忙になるだろうが、矢地と支え合いながら乗り越えていくことだろう。

あわせて読みたい

「沢尻エリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  2. 2

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  3. 3

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  6. 6

    「いじられるのが上手い人しか生き残れない」は昔の話? ケンコバが感じた「第七世代」への“違和感”と“現実” 『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』より #2 - ラリー遠田

    文春オンライン

    04月13日 10:05

  7. 7

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  8. 8

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  9. 9

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  10. 10

    カンニング竹山の小池都政批判発言ミスはテレビの「YouTube化」が招いたか

    渡邉裕二

    04月13日 11:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。