記事

デモ参加者、下水道を通って大学から脱出図る 香港

香港理工大学(PolyU)に立てこもった反政府・民主化デモの参加者が、警察を避けるため、下水道を使った脱出を試みている。

同大学は先週、警察とデモ隊による激しい衝突の場と化した。警察隊は、大学を出ようとする成人デモ参加者を暴動を起こしたとして逮捕するため、大学を包囲した。

これまでに数百人が大学を後にしたものの、数十人が構内に取り残されている。

20日には、下水道からの脱出を試みた6人が逮捕された。警察によると、男性3人と女性1人がマンホールのふたを開けて縄をたらし、別の男性2人が地下の下水道から地上に登るのを助けていたという。

下水道からの脱出に失敗したある男性はBBC中国語の取材に対し、「下水道は入り組んでいて暗かった。早く家に帰りたかった。でも他に大学を離れる方法なんてなかった」と話した。

<関連記事>

香港ではデモの影響で、5カ月にわたって都市機能がまひしている。4日間にわたる香港理工大学での籠城は、その中でも特に劇的な衝突となった。

一部のデモ参加者は、11月中旬から5つの大学を占拠。香港理工大学では警察との衝突の後、過激派のデモ参加者ら数十人が構内に残っている。

警察は19日、大学構内や周辺で約1100人を逮捕した。未成年は拘束されなかったものの身元を記録され、18歳以上は逮捕された。暴動罪に問われれば、最長10年の禁固刑が言い渡される可能性がある。

こうした中、禁錮刑のリスクを逃れるために、下水道を使った危険な脱出作戦が行われていると報じられた。デモ参加者は懐中電灯やガスマスクを装備して、下水道へと降りて行っている。

現在、香港の消防局が大学構内の下水道への入り口を封鎖し、脱出を防いでいる。19日と20日にはダイバーが出動して下水道で立ち往生しているデモ参加者がいないか探索を行ったが、1人も見つからなかった。

下水道からの脱出に成功した人がいるかどうかは明らかではない。20日に逮捕された2人は、大学から500メートルほど離れた地点で地上に登り、その場で逮捕された。

脱出を試みたボウイさん(21)はロイター通信に対し、「下水道はとても臭く、ゴキブリやヘビがたくさんいた。一歩一歩がとても、とても辛かった。下水道に隠れたり、生き延びるために下水道の中を逃げる日が来るとは思ってもみなかった」と語った。

包囲が続き動転したデモ参加者らは、さまざまな方法で香港理工大学からの脱出を試みている。18日夜には、ロープを伝って橋を降り、下の道路で待機していたオートバイに乗って脱出する人もいた。警察は、この件に絡んで40人近くを逮捕したと発表している。

また、夜の闇にまぎれて逃げようとする人や、警察の包囲網を突破しようとする人もいた。逃げようとしたデモ参加者が、逮捕される前に警察から暴行を加えられる場面もあった。

(英語記事 Hong Kong protesters attempt sewer escapes

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  3. 3

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  4. 4

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  5. 5

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  6. 6

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  7. 7

    次期首相候補 石破氏支持が躍進

    ロイター

  8. 8

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  9. 9

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

  10. 10

    森ゆうこ氏の情報漏洩は人権侵害

    塩崎恭久

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。