記事

「日本、世界にとって一番の問題は環境問題」ノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス氏が日本の高校生と意見を交わす


「私たちは自殺行為をしている。地球環境に何が起きるか完全に分かっているのに、まだ続けている」

貧困層に少額の融資をおこなう「マイクロクレジット」の創始者で、2006年にノーベル平和賞を受賞したバングラデシュ人のムハマド・ユヌス氏が来日し、11月14日に日本の高校生らと若者の社会貢献について対話する会が開かれた。

参加したのはすでに社会貢献活動に取り組んでいる、あるいはこれから取り組もうという具体的な見通しをもつ学生たちで、社会貢献を続けてきたモチベーションの保ち方、周囲・大人から受ける圧力への向き合い方など、長年活動を続けてきたユヌス氏へ熱心に質問し、アドバイスを求めた。

現代の若者は歴史上最もパワーをもつ世代

広尾学園高校の池田遥さん。現在進めている社会貢献活動で「自分のためではなく、社会のために活動することは容易ではない」と感じているという。

「若者でも身近にできる活動はあるか」

高校生の言葉に、ユヌス氏は「そもそも若者であることは、不利ではなく有利なことだと考えるべきだ」と答えた。

若者は頭が凝り固まっていない。さらに現代の若者は、初めからテクノロジーを使うことができる。 それらの点から現代の若者は「歴史上類をみないパワフルな世代」だとし、それぞれがもつ“世界を変えることができるアラジンのランプ”を認識していないとしたら大変残念だと指摘。

「自分を小さな子どもだと思わないで、非常にパワーを持った人間だと考えて」と語り、大胆に行動する必要性を説いた。

大人の承認を得る必要はない

N高等学校の三橋龍起さん。ビジネスで一番大切なのは社会性、次に独自性、最後に経済性だと考えていると語った。

「どうやって世界中の学生とソーシャルビジネスでつながることができるか。また、大人の圧力にどう向き合えばいいのか」

つながること自体は現代では簡単なこと。そう語ったユヌス氏は、まず一人のアイディアでインパクトを作り出すことが重要だとして、「マイクロクレジット」を始めた当初の経験を振り返った。

ユヌス氏は、農村の貧困層を少額融資で支援したことをきっかけに、「グラミン銀行」を創設。マイクロクレジットという、貧困を減らす新たなモデルをかたち作ったことを評価され、ノーベル平和賞を受賞している。

「バングラデシュの小さな村で、2ドル、5ドルを貸していたときは、まったく意味があるとは思いませんでした。本当にシンプルなアイディアでした。でも今では『すごいアイディア』だと言われるまでになっています」

いいアイディアさえあれば全世界を変えられるし、世界の方からそれを真似しにくると説明した。

坂戸ろう学校の生徒も参加し、会の前には、他校の生徒が「普段触れる機会がない」という手話について語り合っていた。

一方で当初は「2ドルでどうするの?」などと周囲から否定的な意見もあったと語ったうえで、若者に対しては「大人の承認を得る必要はない」と訴える。

「古い道をそのまま進んでいけば、同じ目的地にしかたどり着けませんよね。これまでの道をそのまま行ったらひどい未来が待っている。だから新しい目的地を探す必要があります」

日本、世界にとって一番の問題は環境問題


「ユヌスさんから見た日本の一番の課題を教えてほしい」

ユヌス氏は、日本は世界から孤立しているわけではなく、世界の問題は日本の問題でもあると説明したうえで、いま世界で重要な課題として「環境」を挙げた。

2050年までに気温が2度上昇する可能性があり、それが「人間が地球上で生きていける最終的なもの」だという。

そしてその30年後の未来は、今の大人は死んでいるかもしれないが、高校生ら若者にとっては生きている間の問題だと訴えた。


さらに、企業、産業が化石燃料を使い、人々がプラスチックを日々の生活の中で使うことで環境問題が進行しているとし、

「問題があると分かっているのに、まるで何事も起きていないかのように、何も手を打っていない」

と現状を嘆いた。

環境問題悪化に進む世界は自殺行為


最後に、国連の気候行動サミットで話題になったスウェーデンの”環境少女”グレタ・トゥーンベリさんの活動にも言及。グレタさんが「大人たちが私の生活を破壊している」「学校に行けというけど、このままでは生き残ることができない」と大人を痛烈に批判した言葉を引用し、まさにこれが大問題だと賛意を示した。

何が起きるか完全に分かっていながら、手を打たずに続けていることを「自殺行為」と表現して現状を嘆く一方で、先進国である日本は世界を先導するリーダーシップをとれるはずだと語り、

「若い世代はリーダーシップを発揮するべきなのです。グレタさんのように『食い止めなければいけない』ということを示さなければ終わってしまいます」

と締めくくった。

会には広尾学園高校、田園調布学園、坂戸ろう学校、東京学芸大学附属国際中等教育学校、N高校の生徒らが参加した。

なお、広尾学園高校は11月30日、日本財団のソーシャルイノベーションフォーラムで開催される「ユメジツゲン大会」にも出演。中高生を中心とした若者の「社会を変える」挑戦を応援するプラットフォームについて議論し、発表するとのことだ。

あわせて読みたい

「環境問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    役員報告資料のパワポは禁止せよ

    武田雄治

  2. 2

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  4. 4

    中村医師の死を政策論争に使うな

    篠田 英朗

  5. 5

    1%でもやる救命「自己満足」とも

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    Uberで性暴行 約半数は客の犯行?

    島田範正

  8. 8

    若者はジーンズ選ばないビジカジ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  10. 10

    自営業者にも厚生年金を適用せよ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。