記事

『センス・オブ・ワンダー』は超おすすめの育児本


今年9月に発行になった拙著『21世紀の「男の子」の親たちへ』に書いたことですが、取材にご協力いただいた男子校の先生たちは、幼児のうちは、文字や計算を教えたりしなくていいから、とにかくひとと触れ合ったり、自然に触れたりする体験を豊富にしてくださいと口をそろえていました。

“いい学校”の先生たちが「自然の中でたくさん遊ばせましょう」というと、そうすることで将来の子どもの偏差値が上がるかのように思うひとがいるかもしれませんが、そういうことではありません。自然の中で遊ばせましょうといっても、何も屋久島や知床半島のような世界遺産の大自然に連れて行くということではないんです。

都会の街中にもある、ちょっとした木立があるような小さな公園でも十分です。また、図鑑を手にしながら「これは○○の木」「これは○○という花」などといちいち知識を教える必要もありません。ありのままの自然を五感で感じる。ただそれだけでいいのです。

自然の中で具体的にどんなふうに過ごせばいいのか、親は何をすればいいのか、それがどんな効果を子どもにもたらすのか、まだピンとこないかもしれません。そんなひとにおすすめの本があります。レイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』です。レイチェル・カーソンはもともと海洋生物学者で、作家としても有名です。

彼女は1962年に『沈黙の春』を発表します。環境の汚染と破壊の実態を、世に先駆けて告発したのです。世界的に環境問題への関心が高まったのはこの著作がきっかけだったと評価されています。その彼女が、幼い甥っ子のロジャーとともに海や森で自然と触れ合う様子を生き生きと描いた作品が『センス・オブ・ワンダー』です。これが彼女の遺作となりました。

センス・オブ・ワンダーとは、神秘さや不思議さに目を見張る感性のことです。そしてこれを読むと、子どもとともに自然触れ合うとはどういうことなのかが、自ずとわかってくるはずです。印象的な部分をちょっと読んでみましょう。

子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激にみちあふれています。残念なことに、わたしたちの多くは大人になるまえに澄みきった洞察力や、美しいもの、畏敬すべきものへの直感力をにぶらせ、あるときはまったく失ってしまいます。

(中略)

生まれつきそなわっている子どもの「センス・オブ・ワンダー」をいつも新鮮にたもちつづけるためには、わたしたちが住んでいる世界のよろこび、感激、神秘などを子どもといっしょに再発見し、感動を分かち合ってくれる大人が、すくなくともひとり、そばにいる必要があります。

(中略)

子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生み出す種子だとしたら、さまざまな情緒やゆたかな感受性は、この種子をはぐくむ肥沃な土壌です。幼い子ども時代は、この土壌を耕すときです。
書籍としては非常に短い作品ですから、子育てで忙しい親御さんでも読めると思います。これを読むと、近所の公園をお散歩するときの視点が変わると思います。そしてなにより、お子さんを見る目も変わると思います。いや、子育てのためなんて思わなくても、純粋に、この宇宙に生まれてきて幸せだなと思える本です。おすすめです。

※2019年11月21日にFMラジオJFN系列「OH! HAPPY MORNING」でお話しした内容の書き起こしです。

あわせて読みたい

「育児」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  4. 4

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  5. 5

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  6. 6

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  7. 7

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  8. 8

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  9. 9

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  10. 10

    都合がよければ専門家の意見を聞き、悪ければ黙らせる 五輪巡る政府対応は納得できぬ

    小宮山洋子

    06月19日 16:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。