記事

【読書感想】悪の指導者(リーダー)論

1/2

悪の指導者(リーダー)論 (小学館新書)
作者: 山内昌之,佐藤優
出版社/メーカー: 小学館
発売日: 2017/11/29
メディア: 新書
この商品を含むブログ (1件) を見る

Kindle版もあります。

悪の指導者(リーダー)論(小学館新書)
作者: 山内昌之,佐藤優
出版社/メーカー: 小学館
発売日: 2017/12/06
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容(「BOOK」データベースより)
長老派の信者ゆえに神に選ばれたと思い、わが道を突き進むトランプ。兄を粛清し、核実験で世界を脅かす金正恩。かつての盟友・メドベージェフ失墜の糸を引くプーチン。オスマン帝国への憧憬を持ち、大統領の権限を強化したトルコのエルドアン。低学歴のコンプレックスを抱きながらもイランの最高指導者となったハメネイ。世界を見渡せば国家指導者は独裁的な人物ばかり。「知の巨人」二人が首脳たちの「闇」と国際情勢の「裏側」を語り尽くす!

 いまの世界を動かしている「悪の指導者」についての山内昌之さんと佐藤優さんの対談本。  

 山内さんは、この本の冒頭で、こう述べています。

 本書のテーマは「悪の指導者(リーダー)論」です。世界では、トランプ・金正恩・プーチン・エルドアン・ハメネイなどといった独裁的な強者が台頭しています。

 一見すると、彼らは何を考えていて、どのように動くのかがわかりにくい。それをなるべく冷静に分析して、明らかにするのが本書の役割です。

 なお、ここで言う「悪」とは「悪源太(源義平)」などで使われるのと同様、猛々しく強いという意味も含んでいます。

 この本で語られている「悪」は、道徳的な善悪というよりは「他者を寄せ付けないような絶対的な権力を握っている世界のリーダーたち」をあらわす言葉なのです。

 太平洋戦争後の日本を生きてきた僕にとって、「独裁者」=「悪」というイメージは拭えないところはありますが、「決められない政治」の弊害、というのも存在しています。

 ひとりひとりの国民の幸福はさておき、国家としては、独裁者に率いられたほうが「強くなる」ことも少なくないのです。

佐藤優:冒頭にも話が出たように、今や、独裁や強力なリーダーシップでないと国家が生き残りにくくなっているというのが、世界の傾向だと思うのです。独裁的な指導者がいない国家はもたないし、独裁的な国家でないと生き残れない。

山内昌之:それは時代が呼んでいるのです。

佐藤:そういう人物を出せない国は崩壊するわけです。朴槿恵のときの韓国のように。

 韓国と北朝鮮はどちらが強いか。基礎体力は韓国の方があるはずです。韓国ではあれだけの混乱が起きた。北朝鮮は資金がない。だけれども、弾道ミサイルを打ち上げて、核開発ができるわけですから。今持っているカードであれだけの力を出せるのは、金正恩に非常に強いリーダーシップがあるということです。

山内:そういうことです。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  6. 6

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。