記事

香港人権法案、米下院が可決 トランプ大統領署名の見通し


[ワシントン 20日 ロイター] - 米下院は20日、中国が香港に高度の自治を保障する「一国二制度」を守っているかどうか米政府に毎年検証を求める「香港人権・民主主義法案」を賛成417・反対1で可決し、トランプ大統領に送付した。中国との通商協議への影響が懸念されるものの、関係筋によると、トランプ氏は署名する見通しという。

上院は前日、同法案を全会一致で可決していた。

下院は、香港警察に催涙ガスや催涙スプレー、ゴム弾、スタンガンなど特定の軍用品を輸出することを禁じる法案も賛成417・反対0で可決、トランプ大統領に送付した。上院も前日、同法案を全会一致で可決している。

トランプ氏は法案に拒否権を発動しない限り、日曜日を除いて10日以内に署名することになる。

関係筋によると、トランプ氏は拒否権は発動せず、法案に署名する意向という。

共和党主導の上院と民主党主導の下院の双方が、ほぼ反対なしに法案を可決しており、大統領が拒否権を発動しても覆される可能性がある。

拒否権を覆すには、上下両院で全体の3分の2以上の支持が必要。

在ワシントンの中国大使館は、コメント要請に応じていない。

中国外務省は20日、香港人権・民主主義法案の上院可決を非難し、国家の主権と安全保障を守るために必要な措置を取ると表明した。[nL3N27Z5K5]

中国共産党機関紙の人民日報は21日、香港の問題や中国の内政への干渉をやめるよう米国に要求。1面の社説で「米国がそうした方針に固執すれば、中国は断固とした報復措置を取ることを避けられない」とした。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  3. 3

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  5. 5

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  6. 6

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  7. 7

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    タトゥー女子急増?「映え目的」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。