記事

織田信成のモラハラ訴訟 「なぜ今?」と関係者から異論噴出

涙ながらに被害を訴えた織田信成(共同通信社)

「なぜこのタイミングなのか…後輩たちへの影響を誰よりもわかっているはずなのに今回ばかりは不可解です。周囲は会見することも、訴訟を起こすことも直前まで反対していました。でも、どうしても本人の気が済まないようで…」(スケート連盟関係者)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦のNHK杯が11月22日から北海道・札幌市で始まる。羽生結弦選手(24才)や紀平梨花選手(17才)にとって、GPファイナルに向けた“最終決戦”の直前に、織田信成(32才)が濱田美栄コーチ(60才)を提訴した。

 発端は9月。織田が2017年から務めていた関西大学アイススケート部監督を退任したことだった。大学側はその理由に織田の多忙を挙げたが、織田は濱田コーチの無視や陰口といった“モラハラ”があったと主張。精神的苦痛によってリンクに立てなくなり、それが退任の原因だったと反論していた。

 織田は11月18日に会見を開き、濱田コーチに慰謝料など損害賠償1100万円を求めて大阪地裁に提訴したことを明かした。

 会見では涙を流しながら、「年が30才ほど離れていて、激高されることもあり、何も言えなかった」と語っていた織田。一部では、濱田コーチを“関大の女帝”と称するメディアもあったが、関大関係者は違和感を拭いきれないという。

「濱田コーチは練習しない選手には厳しく、練習する選手には自分の時間をすべて注いで向き合います。指導している宮原知子選手(21才)や紀平選手の開花も、濱田コーチのそうした手腕の成果です。そもそもフィギュアスケートは、選手同士で力を合わせるものではなく、コーチと二人三脚で臨む競技。熱心な指導は不可欠です。その点、濱田コーチはバランスの取れた指導者だとされていました。

 濱田コーチはモラハラをする人には見えない。織田さんは関大のリンクにあまり来ていなかったので、そんなに接点があるようにも見えないのですが…」(関大関係者)

 その織田については、こんな声も聞こえてくる。

「織田さんはコメンテーターとしての話術は天才的。松岡修造さんのように感情豊かで、勝っても負けても泣くところは、本当にスケートを愛しているんだなと感じます。一方で感情の起伏が激しく不安定と見る人もいます。選手時代も演技の出来が極端でしたし、些細なことでも気になることがあると、冷静さを失いがち。今回の訴訟も、もう少し周囲の状況を見てほしかった、というのが正直なところです」(別の関大関係者)

 今、羽生選手らにとっては重要な時期。このタイミングでの提訴を重く見る向きもある。

「NHK杯直前ですからね。織田さんの友人でもある羽生選手にとっては、今シーズン好調のライバル、ネイサン・チェン選手との頂上決戦を前に、世界最高得点を奪取するための大事な試合です。女子では、織田さんの“教え子”にもあたる関大所属の紀平選手も出場します。4回転を跳ぶロシア選手との差をどう縮めるのかが注目されている彼女にとって、ファイナル進出をかけて絶対に落とせない試合。それをわかっていて彼女のコーチを訴えるというのは、あまりにも寂しい」(前出・スケート連盟関係者)

 関大は「アイススケート競技がシーズンに入り、多くの選手が懸命に取り組んでいるこの時期に提訴がなされたことは、大変残念です」などとコメントしているが、法廷での争いが銀盤には及ばないことを願いたい。

※女性セブン2019年12月5・12日号

あわせて読みたい

「織田信成」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  2. 2

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

  3. 3

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  4. 4

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  6. 6

    日韓の「こじれ」朝日新聞に責任

    NEWSポストセブン

  7. 7

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  8. 8

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  9. 9

    ケンコバ語るTV業界の忘年会離れ

    AbemaTIMES

  10. 10

    玉木代表が野党再編で蚊帳の外に

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。