記事

この国の政治の真の不幸を何も理解してない朝日新聞社説

1/2

安倍晋三首相の通算の在職日数が2019年11月20日で2887日となり、桂太郎を抜き単独で憲政史上最長となりました。

その一方で、内閣改造直後に2人の閣僚が相次いで辞任に追い込まれ、首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待されているとの「私物化」疑惑が取り沙汰されるなど、長期政権のおごりを指摘する声も野党やメディアからあがっています。

20日付けの朝日新聞社説は「安定」より際立つ弊害と歴代最長政権を批判しています。

(社説)歴代最長政権 「安定」より際立つ弊害
https://www.asahi.com/articles/DA3S14263317.html?iref=editorial_backnumber

社説は冒頭から「歴史的な成果は心もとなく、年を追うごとに弊害の方が際だってきた」と安倍政権批判です。

 日本の政治史には、「歴代最長政権」として、その名が残ることは間違いない。しかし、これだけの長期政権に見合う歴史的な成果は心もとなく、年を追うごとに弊害の方が際だってきたと言わざるを得ない。

経済状況も「賃金は伸び悩み、国民が広く恩恵を実感できる状況にはなっていない」としたうえで、外交も「外国首脳との個人的な関係も、どれほど具体的な成果につながったであろう」と疑問符を付けます。

 確かに、アベノミクスの下で株高が進み、企業収益や雇用の改善につながった。しかし、賃金は伸び悩み、国民が広く恩恵を実感できる状況にはなっていない。また、安定した政治基盤を生かして、少子高齢化などの難題に、正面から切り込んできたとも言い難い。長期在任で育んだ外国首脳との個人的な関係も、どれほど具体的な成果につながったであろう。

「長期政権がもたらした弊害は明らか」とし、「忖度(そんたく)がはびこるようになった」「森友問題での財務省による公文書の改ざん・廃棄がその典型」と指摘します。

 一方で、長期政権がもたらした弊害は明らかだ。平成の政治改革の結果、政党では党首に、政府では首相に、権限が集中したことが拍車をかけた。自民党内からは闊達(かったつ)な議論が失われ、政府内でも官僚による忖度(そんたく)がはびこるようになった。森友問題での財務省による公文書の改ざん・廃棄がその典型だ。

「森友・加計問題」も「桜を見る会」の問題も根っこは同じ「首相に近しい者が優遇されたのではないかという疑念」だと糾弾します。

 森友・加計問題は、首相に近しい者が優遇されたのではないかという疑念を招き、政治や行政の公平・公正に対する信頼を深く傷つけた。最近の「桜を見る会」の招待者をめぐる問題も根っこは同じだ。一方で、異論を排除し、自らに反対する者を敵視する首相の姿勢は、社会の分断を助長する危険がある。

社説の終わりは、「これほどまでに日本国憲法をないがしろにした政権は、過去に例がなかろう」と批判、「個人的な信条から、長期政権のレガシー(遺産)を、強引に憲法改正に求めるようなことがあれば、政治の混乱を招くだけだと、結ばれています。

 さらに、これほどまでに日本国憲法をないがしろにした政権は、過去に例がなかろう。歴代内閣が維持してきた憲法解釈を一方的に変更して、集団的自衛権の一部行使に道を開いた。憲法に基づく野党の臨時国会召集要求にも無視を決め込んだ。

 首相の自民党総裁の任期は残り2年である。個人的な信条から、長期政権のレガシー(遺産)を、強引に憲法改正に求めるようなことがあれば、政治の混乱を招くだけだろう。

 限られた時間をどう生かすか。国民が今、政治に求めていること、将来を見据え、政治が今、手を打っておくべきことを見極め、優先順位を過たずに、課題に取り組む必要がある。

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  3. 3

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  4. 4

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  5. 5

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  6. 6

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  7. 7

    次期首相候補 石破氏支持が躍進

    ロイター

  8. 8

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  9. 9

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

  10. 10

    森ゆうこ氏の情報漏洩は人権侵害

    塩崎恭久

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。