記事

自分のことだけを考えている政治家は信頼されない

エコノミスト誌の、日本の政治家は驚くほど自分のことばかり考えているという記事が紹介されています。国会中継を見ても、そこには菅総理追い落としの姿勢、権力闘争の姿しか無く、現場に任せればよいような細かな問題をとりあげ質問して得意げになっている国会議員の姿にも呆れる限りです。この危機のなかでも、権力闘争から抜け出せない体質が、海外から見ても不思議なのでしょう。しかし、これは自公だけの問題ではなく、民主党が政権を取るためにやってきたことでした。

役に立たない日本の政治 日本を復興するのか、破滅させるのか JBpress(日本ビジネスプレス) :

近い将来に政権を取るということであるならば、なによりも国民から信頼される発言、行動が求められますが、批判し、引きずり落とすことだけでは信頼は得られるはずがなく、人びとを惹きつける自らの考え方がなければなりません。

与党への国民の不信任から、野党に政権が変わるのでしょうが、また同じことが繰り返されます。そうやって幾度か政権交代して民主主義の成熟を待つほど、日本にはゆとりはありません。もう賞味期限のきれた既存の政党とは異なる第三の勢力の台頭に期待するか、より政権が安定しやすい首相公選制に変えるような外科手術をしないとこの政治の病根はなくならないのではないかとすら感じます。

しかし、政治家ばかりかマスコミも、本来は政府や行政が被災地で行っていること、またそこになにが障害になっているかなどを丁寧に報道する責任があるはずですが、どうも伝わってきません。

菅総理のリーダーシップに問題があるのなら、菅総理に欠けている復興のビジョン、日本再生のビジョンを堂々と語り、この人がリーダーになってくれたらいいねと感じさせればいいのですが、自公の人たちが「俺達が政権時代はもっときちんとやっていた」というのは誰も信用していません。あの程度のねじれで政権を投げ出した安倍さんや福田さんがこの危機で死を賭してまでリーダーとしてやれたのかという疑問がふっとでてきてしまいます。

どの党も信頼の資産を持っているわけではなく、この復旧・復興への道は、政治家が信頼を勝ち取るコンテストの舞台なのだという認識にたって、政治家の皆さまには、ぜひどんどん生きたメッセージを発信し、行動していただきたいものです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  5. 5

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  6. 6

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  7. 7

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  8. 8

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。