記事

「嵐・二宮の結婚」はジャニーズ凋落の始まりだ

2/2

結婚願望が「嵐活動休止」発表につながった

今回、伊藤綾子と結婚を発表した二宮和也も、ここまでくるには大変な苦労があったこと、想像するに難くない。

『週刊文春』(11/21号)によると、伊藤は山形大を卒業後、秋田放送のアナウンサーになったが、「東京でキャスターになりたい」と、07年に退社している。その後、29歳で日テレ系の「news every.」のレギュラーになって夢を実現した。その上、二宮とも交際を始めたという。

伊藤はそれが嬉しかったのだろう。『文春』で、日テレ関係者が「メイク中も普通に二宮クンとLINEでやり取りしてました」と話している。

彼女は当初から結婚を意識していたようだが、16年7月に女性セブンが、二宮の自宅マンションへ足しげく通う伊藤のことを報じると、嵐のファンから猛バッシングを受けたのである。

伊藤の事務所も、当然ながら、ジャニーズ事務所も2人を守ってはくれなかった。

伊藤は番組降板にまで追い込まれ、公の場から姿を消した。だが、二宮との交際は続いていた。これまでの報道によれば、二宮も伊藤との結婚を熱望していたが、藤島ジュリー景子社長が猛反対していたというのだ。

親が親なら子どももということだろう。だが二宮の結婚への意志は揺るがなかった。

二宮の結婚願望が、他のメンバーとの反発を招き、2020年末の「嵐活動休止」発表へとつながったといわれているそうだ。

モルディブへ4泊5日の「婚前旅行」

18年7月、活動停止へとつながったであろう、ある事件が起こる。

二宮が伊藤とモルディブへ4泊5日の「婚前旅行」を敢行するのである。それを『文春』(2018年8月16・23日号)がすっぱ抜いた。

文春オンライン上に、結婚発表を受けて、この時の記事が再編集して掲載されている。

「7月16日午前8時前、成田国際空港に、予定より少し遅れて一機の国際便が降り立っていた。

先頭を切って機内から姿を現したのは、嵐の二宮和也(35)。黒いキャップ、ピンクのTシャツに水色のカーディガンを羽織っている。VIP扱いの二宮は、到着ゲートを出たのも誰より早かった。空港関係者が二宮の荷物を引きながら続く。二宮は手で口元を隠しながら、愛車のレクサスが停まっている駐車場へ向かった。

遅れること数分、機内から黒のキャップに黒のワンピース姿の女性が降りた。目下二宮と結婚秒読みといわれている、元フリーアナウンサーの伊藤綾子さん(37)である。二人はこの日、4泊5日の“婚前旅行”から帰国した——。(中略) 交際報道から約2年、二人は密やかに、そしてしっかりと愛を育んでいた。その象徴が、今回、小誌が目撃した海外旅行だ。 「機内で二人はビジネスクラス。隣同士の席でしたよ。スリランカを経由する便ですから、二人は高級リゾート地のモルディブに行っていたのでしょう」(乗り合わせた客)

ひとり空港の駐車場に向かった二宮は、愛車を同フロアのエレベーター付近に移動させた。
約15分後、伊藤さんの姿を確認するや運転席を降りて迎えた二宮。そして伊藤さんの重いスーツケースを持ち、甲斐甲斐しく車のトランクに収納。堂々と寄り添って歩くことのできないトップアイドルの、せめてもの気遣いだろう。伊藤さんに対する優しさが垣間見える、微笑ましいシーンとなった」

「結婚は最近はしたほうがいいと思っている」と発言

『文春』によれば、ことあるごとに「結婚願望がない」と語っていた二宮が、13年11月に放送された「ニノさん」(日テレ系)では、「俺はね、結婚は最近はしたほうがいいと思っている」と新たな心境を吐露し、次のように続けたそうだ。

「この人がすごい好きだから結婚したいとかじゃなくて、もうそろそろ孝行の一つとして孫見せなきゃまずいかなっていう感じ。生きているだけで幸せなんだけど、もう一個嬉しいこと乗っけてあげたいってなってきたんですよ、急に」

そうしてようやくここへきての結婚発表となる。二宮のメディアへ送った文章はこうだ。

「この度、私二宮和也は、かねてよりお付き合いをさせていただいている方と結婚することとなりましたのでご報告をさせて頂きます。
結婚後も、これまでと変わらず活動してまいりますので、温かく見守って頂けましたら嬉しく思います。
今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
2019年11月12日 二宮和也」

素っ気ない文章だが、ここにも二宮と彼女、事務所側の思惑があるといわれているようだ。

活動休止を機に事務所を離れるのではないか

メディア関係者によると、今年10月頃に一部の出版社などに彼女の代理人である弁護士から、一通の通知書が送りつけられたという。

「その通知書には、彼女は18年3月末までは芸能活動をしていたが、現在は一般人なので実名、及び顔写真等などは公開しないように記されていた」というのである。

つい1年半ほど前までは芸能活動をしていたのに、こんな書面が届くのは珍しいという。

騒がれて、前回のような騒ぎになることを恐れてのことだろうか。それとも、結婚発表にいい顔をしないジャニーズ事務所への気配りからだろうか。

テレビ、新聞、スポーツ紙は、事務所へ配慮して、彼女の実名を出さないところが多い。『フライデー』も「Aさん」である。

「嵐」が来年末で活動を休止しSMAPはバラバラ。アイドルを見出す天才だったジャニー喜多川社長も亡くなり、ジャニーズ事務所の将来は暗澹(あんたん)たるものである。

タレントたちは次々に独立し、テレビへの影響力も失いつつある。ジャニーズ凋落(ちょうらく)の象徴が二宮の結婚で、おそらく二宮は、活動休止を機に事務所を離れるだろう。

ファン離れを恐れ、カネもうけの手段としてしか自社のタレントを見ないできたジャニーズのやり方に、「NO!」を突きつけるために。

これは私の個人的な願望だが、そうなる兆しははっきりと見えた。(文中敬称略)

----------
元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任する。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『編集者の教室』(徳間書店)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)などがある。
----------

(ジャーナリスト 元木 昌彦)

あわせて読みたい

「嵐(ARASHI)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「肺炎拡大の覚悟を」医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    日本がマスク支援 中国で大反響

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    「共産市長NO」巡る立民の不誠実

    田中龍作

  4. 4

    サイゼ人気商品「消えた」の真相

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    武漢のリアルを映した映像が話題

    AbemaTIMES

  6. 6

    募ると募集 詭弁重ねる安倍首相

    常見陽平

  7. 7

    マスクの予防効果は疑問だらけ

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    プロ野球の投球間隔は「長すぎ」

    WEDGE Infinity

  9. 9

    整形アイドルが語る自己肯定感

    幻冬舎plus

  10. 10

    募ると募集違う? 首相答弁が波紋

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。