記事

【衆院本会議】後藤祐一議員、「日米貿易協定」「日米デジタル貿易協定」に説明不十分と反対討論

 19日午後に開かれた衆院本会議で日米貿易協定及び日米デジタル貿易協定の承認案の討論・採決が行われ、国民民主党の後藤祐一議員議員が野党共同会派を代表して反対の立場から討論を行った。

 反対理由として後藤議員は、(1)自動車に対する25%の追加関税が本当に回避できているのかが明らかでない(2)アメリカの自動車関税の撤廃が獲得できなかった(3)2国間貿易協定であれば約9割を自由化しなければならないとするWTOルールに違反する疑いが強い(4)農林水産品の市場開放に対する不安(5)農林水産品への影響試算がいい加減(6)日米貿易協定がFTAであるか不明(7)日米デジタル協定に関し、国内法たるプロバイダ責任制限法との関係が疑問(8)審議時間がわずか9時間21分と不足していた――などを挙げた。

 また外務委員会での審議の仕方にも問題があったとし、野党が9点の資料提出を理事会で求められたにもかかわらず資料提供は一切なく、すれ違いの答弁の繰り返しで質問時間を浪費する茂木大臣に対し、松本委員長は時計を止めずに時間稼ぎに加担したと批判した。

 「桜を見る会も日米貿易協定も、政府が説明責任を果たさず、与党がこれに加担する。国民が知りたい事実は明らかにならず、国民の政治に対する期待は下がっていく。国会は何のためにあるのか」と問いかけた。

 最後に後藤議員は、在任期間が歴代最長の桂太郎政権と並んだ安倍総理に敬意を表した上で、桂政権の最後に国民世論の批判が高まり、尾崎行雄代議士が「桂太郎内閣弾劾決議案」の趣旨説明を行い、その15日後に桂内閣は総辞職したと紹介。「予算委員会を開きもせず、説明責任を逃れようとする安倍総理を強く弾劾するとともに、同じく説明責任が不十分な日米貿易協定及び日米デジタル協定案に反対を申し上げる」と結んだ。

あわせて読みたい

「日米貿易協定」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。