記事

ミシェル・ウェルベックの悲観的幸福論〜書評 『セロトニン』〜

1/2

(以下、本作の内容に触れます。未読の方はご留意ください)

・フランス現代文学の鬼才・ウェルベック史上もっとも暗く美しい愛の物語

フランスの小説家で、仏文壇の「恐るべき子ども(enfant terrible)」の異名を持つミシェル・ウエルベック。彼の4年ぶりの新作となる『セロトニン』は、本国フランスで40万部超のベストセラーとなった。9月下旬に邦訳が発売されると、日本でも即重版が決定。好調な売れ行きをみせている。

ウェルベック史上もっとも暗く美しい愛の物語だと評される本作。フランス全土に拡大した反政府デモ「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)」運動を予言したともいわれる物語は、仏紙ル・モンドを筆頭に好意的に受け入れられた。他方、人種差別や女性蔑視を疑われかねない過激な表現を伴う「ウエルベック節」は今作でも健在。性的なことに執着するモテない中年男性の鬱々とした呪詛はもはや彼のお家芸だとも言えるだろう。

『セロトニン』の主人公は、巨大バイオ企業のモンサントを退社し、農業関係の仕事に従事する46歳のフロラン。冷め切った恋人関係にあった日本人女性ユズが撮りためた「獣姦乱交ビデオ」の発見をきっかけに、彼は「蒸発者」となってしまう。過去の愛の記憶にとらわれ続け、うつ病を発症してしまったフロランは、抗うつ剤に依存しながらホテルを転々とする暮らしを続ける。

今作のタイトルにも採用されたセロトニンとは、幸福ホルモンと呼ばれる神経伝達物質だ。「それは白く、楕円形で、指先で割ることのできる小粒の錠剤だ」の一文ではじまる今作では、セロトニンの血中濃度を上げる抗うつ剤「キャプトリクス」が重要な役割を占める。


・中年男を苦しめる現代の「自由」

二〇一七年初期にキャプトンD-Lが発見されたことで、抗うつ剤の次世代に道が開かれ、効果を上げるメカニズムもより単純になった。肝臓の粘膜で形成されたセロトニンの細胞外への分泌を助長するというシステムだ。同年末から、キャプトンD-Lはキャプトリクスの名前で販売されることになった。この薬は突如として目覚ましい効果を見せ、患者たちが発展した社会においてしかるべき生活に伴う主な習慣(身支度をし、隣人と最低限付き合い、役所の簡単な手続きを行うなど)をかつてないほどやすやすと行うのを可能にした。そして前代の抗うつ剤と異なり、自殺や、自傷行為に走らせることもなかったのだ。

キャプトリクスの服用で見られる最も一般的な副作用は、嘔吐と、性欲の喪失、不能などだ。

僕は嘔吐で困ったことは一度もなかった。(ミシェル・ウェルベック『セロトニン』関口涼子訳、河出書房新社、2019年、P.5-6)

抗うつ剤の副作用は「しかるべき生活」の代償としてフロランを「不能」にする。セックスに執着し、それ以外の喜びは性生活の派生物にすぎないと考えるフロランにとって、その代償は大きかった。「ぼくは孤独のうちに幸福を見いだすことができただろうか。そうは思えなかった」と悲観する彼の症状は、物語が進むにつれて悪化していく。

フロランは「不能」になったことをきっかけに、過去の恋人や友人との再会を思い立つ。大学時代の親友として登場するエムリックとの再会のエピソードは、とりわけ物語の中で重要な位置を占めている。工業的な畜産から距離をとり、有機的な酪農に従事するエムリックは、グローバル市場におけるフランス農業の危機的状況に巻き込まれていた。

政府による支援を訴えるため、銃で武装し道路を封鎖するデモを画策するエムリック。絶望の淵にいる彼は、国際的競争が強いる悲惨な現実に対して「なんらかの保護政策はありえないのか」と、農業食糧省で働いていた経験を持つフロランに助言を求めるのであるが、これに応答するフロランの解答のうちに、ウエルベックの作品に通底する思想が読み取れる。

「まったく不可能です」ぼくはためらわず結論を下した。「思想的な規制があまりに強いからです」過去の仕事、そこでの何年かのことを思い返し、ぼくは、実際のところ、特権階級の奇妙な迷信と対決していたのだと気がついた。ぼくがコンタクトを取っていた相手は、自分たちの利益〔intérêts〕や、自分たちが守らなければならないとされていた利益のために戦ってたのではなかった、そう信じるのは間違いだ。

彼らは思想のために戦っていたのだ。何年もの間、ぼくは、自由市場〔liberté du commerce〕のためなら死ぬ覚悟がある人たちと対決していたのだ。(ミシェル・ウェルベック『セロトニン』関口涼子訳、河出書房新社、2019年、P.203-204)

「自由市場のためなら死ぬ覚悟がある人たち」に対する敗北宣言とも取れるこのパッセージに、自らを裏切ったユズへの呪詛を聴きとらないわけにはいかないだろう。「利益=好意(intérêts)」や「自由市場=肉体関係の自由(liberté du commerce)」など、フランス語の多義性を利用したこのパッセージには、フロランのユズへの軽蔑が間違いなくエコーとして響いている。上流階級の出身者として文化事業に携わりつつも、プライベートでは獣姦に勤しみ、「ブルテリアのキンタマを揺らして口の中に入れていた」ユズの「乱交パーティ(soirées libertines)」への嫌悪が、ここではそのままエムリックを苦しめる「自由市場(liberté du commerce)」への嫌悪にスライドしているように思われる。

このような性の自由と経済の自由への不信感は、ウェルベックの作品の中にしばしば登場するモチーフだ。処女作『闘争領域の拡大』でも、彼の「自由主義」批判は存分に発揮されていた。

解雇が禁止された経済システムにおいてなら、みんながまあなんとか自分の居場所を見つけられる。不貞が禁止されたセックスシステムにおいてなら、みんながまあなんとかベッドでのパートナーを見つけられる。完全に自由な経済システムになると、何割かの人間は大きな富を蓄積し、何割かの人間は失業と貧困から抜け出せない。完全に自由なセックスシステムになると、何割かの人間はマスターベーションと孤独だけの毎日を送る。

経済の自由化とは、すなわち闘争領域が拡大することである。それはあらゆる世代、あらゆる社会階層へと拡大していく。同様に、セックスの自由化とは、すなわちその闘争領域が拡大することである。それはあらゆる世代、あらゆる社会階層に拡大していく。(ミシェル・ウェルベック『闘争領域の拡大』、中村佳子訳、河出書房新社、2018年、P.126-127。)

経済的な自由主義とセックスの自由主義は社会に格差をもたらす元凶だとウェルベックは考える。自由な社会がフロランとエムリックにもたらしたものは、幸福とはまるで縁遠いもの、すなわち孤独、自慰、失業、そして貧困だ。19世紀の哲学者J・Sミルが『自由論』のなかで説いたような「自由と幸福の一致」という自由主義の理念は、現代ではもはや成立し得ず、残されたのは破廉恥でグロテスクな自由の暴力であると、ウェルベックの冷徹な語りは訴えかけるようだ。


あわせて読みたい

「文学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    HDD転売事件が世界最悪級なワケ

    新倉茂彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    アンダーヘア脱毛 医師から賛否

    NEWSポストセブン

  3. 3

    神奈川HDD流出 社長辞任させるな

    山口利昭

  4. 4

    歳費の返納 拒否議員が大量判明

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    「人のせいにする」ことの大切さ

    紫原 明子

  6. 6

    前夜祭巡りホテルが5000円否定か

    田中龍作

  7. 7

    元農水相の玉沢氏が銃撃される

    AbemaTIMES

  8. 8

    オタク差別扇動? 社会学者に呆れ

    狐志庵

  9. 9

    炊き出しに酒 型破りな被災支援

    島村優

  10. 10

    神戸限定で人気 子供バッグの謎

    清水かれん

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。