記事

防災の観点からインフラ老朽化対策が急がれる

多発・激甚化するする災害

 台風による大雨や強風で、全国各地で甚大な被害が発生しています。一日も早い復旧・復興が実現するよう働きかけてまいります。内閣・与党では、11月7日に「被災者の生活と生業の再建に向けた対策パッケージ」を策定しました。本年度予算の予備費を充当するほか補正予算を編成して、対策の実行に必要な予算を確保してまいります。
 近年、地球的な気候変動の影響もあるのか、毎年甚大な災害が頻発しています。当分の間は、こうした状況が続くことを前提に防災・減災対策を一層強化していく必要があります。

懸念されるインフラの老朽化

 防災対策の必要性が一段と高まる中で、道路・治水施設等のインフラの老朽化への懸念が強まっています。老朽化が進むと橋梁やトンネルの安全性が低下するほか、ダム・水門等の治水施設の防災機能が低下していきます。また、維持管理に要する費用も莫大なものになっていきます。
 日本のインフラの多くは、1960~70年代の高度経済成長期に整備が開始されました。政府の調査によれば、今後、建造物の耐用年数の目安である50年以上経過する施設等が急増していきます。例えば、これからの15年間で、建設後50年以上を経過する①道路橋は25%⇒39%、②トンネルは20%⇒27%、③河川管理施設は32%⇒42%、④下水道管きょは4%⇒8%、港湾施設は17%⇒32%に増加します。防災上の観点からも重大な課題です。《社会資本の老朽化の現状と将来予測

インフラ長寿命化の着実な実施を

 老朽化したインフラを新しい施設に造り替えるには莫大な費用がかかります。既存インフラを大切に使いながら、安全性を確保するとともに、機能を維持・向上していことが必要です。内閣・与党では、2013年に「インフラ長寿命化基本計画」を策定し、重要インフラの点検と必要な修繕等新を計画的に進めています。災害から国民の生命・身体・財産を守る観点から、「長寿命化」の取組みを加速化していく必要があります。《インフラ長寿命化基本計画

あわせて読みたい

「防災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  5. 5

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  8. 8

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  9. 9

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  10. 10

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。