記事

香港裁判所の「覆面禁止法」違憲判断、中国が強い懸念表明


[上海 19日 ロイター] - 中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は、香港の裁判所には「覆面禁止法」などの合憲性を判断する権限ないと表明した。新華社が19日伝えた。

香港の高等法院(高裁)は前日、デモ参加者がマスクなどで顔を隠すことを禁止する覆面禁止法に違憲判断を下していた。[nL4N27Y02P]

全人代常務委員会法制工作委員会の報道官は「香港特別行政区の法律が香港基本法に準拠しているかどうかは、全人代常務委員会のみが判断・決定できる」との声明を発表。「他の当局には判断・決定する権利がない」と述べた。

覆面基本法は、緊急時に行政長官に強大な権限を与える「緊急状況規則条例」(緊急条例)を発動し、施行した法律。反政府デモの参加者からは、民主主義を損なうとの批判の声が出ている。

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  3. 3

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  5. 5

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  6. 6

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  7. 7

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    タトゥー女子急増?「映え目的」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。