記事

総理、自民党総裁の立場を使い分ける安倍氏

桜を見る会に関する疑惑について、安倍総理は先週金曜日、「国会から求められれば政府として説明をするのは当然のこと」と述べました。

国会で予算委員会の集中審議を開催して、そこで説明責任を果たしていくことに前向きなように聞こえますが、内実は全く異なります。

「国会から求められれば出ていきます」と言いながら(つまり、そうして説明責任を果たすことに後ろ向きでないような格好をつけながら)、実は自民党の国会対策の責任者には、「絶対予算委員会を開くなよ」と、自民党総裁として指示しているわけです。ですから、そもそも「国会から求められれば」ということが起こりえないように、安倍総裁が、しているわけです。

総理大臣という立場と、自民党総裁という立場を、安倍総理はズル賢く使い分けて発言しています。

それは外見ではうまくいっているように見えますが、国民の目には、安倍総理が国会で説明責任を果たすことから逃げよう、逃げようととしていることは明らかになっていると思います。国民の目はごまかせません。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  6. 6

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  9. 9

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。