記事

中国、香港問題巡る米英の内政干渉をけん制


[ロンドン 18日 ロイター] - 中国の劉暁明駐英大使は18日、米英を含め外国勢力は香港の内政問題への干渉をやめるべきという考えを示した。

大使は記者会見で「一部の西側諸国は過激な暴力分子を公然と擁護している」と指摘。「米下院は(一国二制度の順守の検証を義務付ける)香港人権・民主主義法案を可決したが、これは中国の内政問題に対するあからさまな干渉に他ならない」と語った。

さらに「英下院外交委員会が公表した報告書の中にも香港に関して無責任な記述が見られる」とし、英政府による暴力行為への批判は一見、偏りがないように見えるが、実際のところは一方の肩しか持っていないと主張した。その他、香港に関する西側メディアの報道についても、デモ隊による暴力行為を十分に伝えておらず、ミスリーディングだと批判した。

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  3. 3

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  5. 5

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  6. 6

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  7. 7

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    タトゥー女子急増?「映え目的」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。