記事

マツダの「SKYACTIV-X」生産ラインには知恵がある

マツダは13日、新型ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載モデルを来月から順次、発売するのを前に、「SKYACTIV-X」の生産ラインを公開しました。一体、どんな生産ラインなのか。


「SKYACTIV」エンジンは、究極の効率を求めて、〝ミスターエンジン〟といわれる人見光夫さんが牽引してきました。マツダにとっては、ロータリーエンジンに次ぐ夢のエンジンです。
なかでも、「SKYACTIV-X」は、ガソリンエンジンの火炎伝播とディーゼルエンジンの圧縮着火の2つの特徴を融合した新しいエンジンです。

ところが、ご存じのように、新型エンジンを投入するには、何百億円という高額な設備投資が必要です。スモールカンパニーのマツダは、投入できる資金に限りがある。だから、新しいエンジンが誕生しても、新しいラインを敷かない。既存のラインで新型エンジンを「混流生産」し、設備投資を抑えるんですね。

実際、本社工場では、新型ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を2.0リットルのガソリンエンジン「SKYACTIV-G」と同じラインで「混流生産」していました。

とはいえ、新型エンジン「SKYACTIV-X」は、構造が複雑で部品点数も多く、組み立てには時間がかかる。勢い、ラインの作業者は、「SKYACTIV-X」が流れてくるとドタバタし、そうでないエンジンが流れてくると手隙の状況になりかねない。

この作業時間差をどう調整するか。マツダは、バイパスラインを設けて、作業の時間差を吸収し、メインラインの作業量を一定にしているんですね。

「モノづくりコストをミニマム化することでビジネス効率の最大化を図っています」と、マツダ本社工場長の垰森敦己さんは13日、述べました。

マツダのような小さな会社が、新しいエンジンの誕生に合わせて新しいラインをつくれば、即、収益にはねかえってくる。車両価格の上昇も招く。

マツダの車両組立工場の特徴は、1つのラインで複数の車種を組み立てる「多品種混流生産」です。古くは3輪トラックの時代から、つねに1つのラインで複数の車種をつくってきました。エンジンの組み立ても同じです。

規模の小さな自動車メーカーが、最新のクルマを購入しやすい価格で出しつづけるための知恵がそこにある。

生産技術が、マツダの生き残りのカギを握ります。

あわせて読みたい

「マツダ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  4. 4

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  5. 5

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  6. 6

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  7. 7

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  8. 8

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  9. 9

    カジノ反対の主張に感じる違和感

    木曽崇

  10. 10

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。