記事

中国初の国産空母、台湾海峡通過後に南シナ海へ 「演習」が目的


[北京 18日 ロイター] - 中国海軍は18日、声明を発表し、同国初の国産空母が台湾海峡を通過した後、科学調査と演習のために南シナ海に向かっていると明らかにした。

台湾国防部(国防省)は17日、中国初の国産空母が艦隊を組んで台湾海峡を通過し、日米の艦艇が追尾したと発表した。台湾の呉ショウ燮外交部長(外相)は台湾がおじけづくことはないと表明している。

台湾は、来年1月の総統選を控えて中国が台湾を威嚇しようとしているとの見解を示した。

中国海軍の声明は、空母が17日夜に台湾海峡を通過した後、「科学調査と定例の演習」のために南シナ海に向かっていると表明。「何らかの標的を目指しているわけではなく、現在の情勢と何ら関わりはない」とした。

それ以上に詳細は明らかにせず、台湾国防部が言及した日米の艦艇による追尾にも触れなかった。

南シナ海は中国のほか、ベトナム、マレーシア、フィリピン、台湾、ブルネイが領有権を主張している。

まだ名前のない中国初の国産空母は、昨年試験航行を始めた。中国の軍事専門家が国営メディアに語ったところによると、実際に任務に就くのは装備を施した後で、2020年になってからとみられる。

*内容を追加し、カテゴリーを広げました。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  3. 3

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  4. 4

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  5. 5

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  6. 6

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  8. 8

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    コロナ重症患者数の推移注視せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。