記事

MSCIなど、アラムコの主要株式指数算入は例外的に12月実施も


[ロンドン 15日 ロイター] - 世界の株式指数を算出するMSCIは、近く株式を上場するサウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの主要指数への組み入れを、手続きの迅速化によって早ければ12月に実施する考えを明らかにした。

同業大手のS&PダウジョーンズとFTSEラッセルに追随する格好となった。

機関投資家がベンチマークとして使う国際的な株式指数の算出会社は通常、新規上場した企業は四半期あるいは半年に一度行われる定例の構成銘柄見直しで算入を決めるが、アラムコについては例外的にファストトラック(迅速処理案件)に指定する。

MSCIは15日付の顧客向け文書で、アラムコが12月12日以前に上場する場合、12月17日から株式指数に採用すると表明。ただ、「上場日が12月12日より後になる場合、MSCIは2020年1月5日まで実施を延期する」としている。

クリスマス期間に市場の流動性が細っているタイミングでの組み入れを回避するためだと説明している。

FTSEラッセルとS&Pダウジョーンズは3月にサウジの株式を新興市場指数に組み入れた。一方、MSCIは昨年8月に中東地域最大の株式市場であるサウジ証券取引所(タダウル)を新興市場指数に2.8%の比率で組み込んでいる。

S&Pダウジョーンズは顧客への説明で、グローバル指数組み入れのファストトラック指定は浮動株調整後ベースの時価総額が20億ドル以上という基準があり、これに基づくとアラムコは要件を満たしていると見なされると指摘。

通常は、株式全体の10%が取引可能であることも要件となっており、アラムコが新規株式公開(IPO)で売り出す株式はこの水準を大きく下回っているものの、「IPOの推定規模や流動性」を踏まえ、例外的な扱いを取る方針を示した。

ロンドン証券取引所(LSE)グループ<LSEG.L>傘下のFTSEラッセルもまた、12月末のグローバル株式指数の構成銘柄の見直しでアラムコを組み入れる可能性がある。ロイターが11月11日付の通知文を確認した。上場の少なくとも5日後に決定する予定だという。

12月4日以降にファストトラック指定でアラムコを組み入れるかどうかについては、今後情報を開示する考えを示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  9. 9

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。