記事

椎名林檎、宇多田ヒカルは「勝ち負けの世界に現れたオアシス」

 椎名林檎が、11月14日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)で、宇多田ヒカルについて語った。

 椎名と宇多田はかつて同じレーベルでデビューした同期。椎名は「周りの人も焚きつけるし、『ライバルですよ』みたいな。勝ち負けに挑まなきゃいけない世界に入ったんだな、という自覚があったところへ現れたオアシス」と、宇多田に救われてきたという。

 続けて、「人生、歌一本みたいな感じとかがないんですよ。ポジティブで、本当に頼りになる、すごく成熟した方ですよね。お姉ちゃんみたい」と笑っていた。

 これまでも何度かコラボレーションや互いの曲をカバーしてきた椎名と宇多田。2人は1999年10月に行われた新人発表イベントで一夜限定ユニット『東芝EMIガールズ』を組んで飛び入りし、カーペンターズの名曲『I Won’t Last a day without You』などを披露。

 宇多田の2016年9月発売の6thアルバム『Fantome』では、『二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎』をデュエットした。

 発売されたばかりの椎名のアルバム『ニュートンの林檎~初めてのベスト盤~』では1曲めに2人が歌う『浪漫と算盤 LDN ver.』が収録されている。

 また、2014年12月発売の宇多田のトリビュート・アルバム『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-』では椎名が宇多田の『Letters』をカバー。

 2018年5月発売の椎名のトリビュート・アルバム『アダムとイヴの林檎』では宇多田と小袋成彬が椎名の『丸ノ内サディスティック』をカバーした。

 宇多田は、2010年11月25日、ツイッターで「宇多田ヒカルにギンナンの美味しさを教えたのは椎名林檎であった これってトリビアになりますか?」とつぶやいていた。

 シビアに売上枚数やチャート順位が出るアーティストの世界。それだけに、2人は同期の盟友としてかけがえない存在となっているのだ。

あわせて読みたい

「椎名林檎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。