記事

2118人が新聞広告で「令和もSMAPファン」宣言、その熱き思い

1/2
SMAPファンの有志はツイッターで新聞広告掲載を告知(「みんなで伝えよう」有志【公式】ツイッターより)

SMAPファンの個人広告が始まった2016年9月9日の東京新聞紙面

 SMAPは結成が1998年、CDデビューが1991年、そして解散が2016年末。昭和に誕生し、平成を駆け抜けてきた。時代は「令和」に変わったが、令和になってもSMAPのファンは応援メッセージを送り続けている。

【別画像】SMAPファンが新聞広告に寄せた多くのメッセージ

 ファンによって思いは異なるだろう。今でもSMAPをただただ応援したい人もいれば、ジャニーズ事務所を脱所した「新しい地図」(稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛)の3人を応援する人や、残った中居正広、木村拓哉のますますの活躍を願う人、そして再結成を願う人もいる。思いは様々だが、令和になってもSMAPのファンであることを伝えたい人が世界中に存在する。

 SMAPについては、解散発表後からファンがネット上で連帯し、様々な動きを見せてきた。発端はCDデビュー25周年となる2016年9月9日の前に遡る(詳細は後述)が、2019年11月18日の朝、SMAPファンがクラウドファンディングで集めた資金を基にした新聞広告が一斉に登場する。

 9月20日までクラウドファンディングのプラットフォーム「MOTION GALLERY」には『みんなで伝えよう!新聞広告でSNSで「令和もSMAPファン」宣言!』が立ち上がり、400万円の調達目標に対し、2118人から1277万3000円が集まった。クラウドファンディングでは以下のように呼びかけられた。

〈新聞で「わたしたちはSMAPファンです」と宣言します 新聞広告掲載が目標です〉
〈令和になってもSMAPファンは変わらず存在していると広く伝えたい!実現したいことはこれだけです〉

 この意図と発足の経緯について、「発起人」はこう語る。

「平成を振り返る報道などで久々に『SMAP』が取り上げられた半面、新しい時代になると、“なかった”かのように露出がなくなるのでは、という懸念がありました。時代は変わっても、令和になっても、SMAPファンは変わらず存在し続けることをカタチにしたい、自分たちなりのファンの在り方を知ってもらいたい、という想いが強まり、仕事も家庭も抱え、また国内外に点在する有志5人で一念発起しました。ただクラウドファンディングも広告も素人だけにすべて手探りで始め、プロでなくともデザインソフトを使いこなせるファンも勧誘し、メンバーは6人になりました」

 どれだけ賛同してもらえるか見当もつかず、当初は東京新聞の半面を目標に呼びかけを始めたが、目標の3倍超の資金が集まったため、新聞一面に広げて更に同じ新聞社が発行する中日新聞、北陸中日新聞も使って、ファンの思いが詰まった広告が掲載されることになった。

 なぜファンはSNSで連携しつつも「新聞広告」という手法を使うのか。実はSMAPファンと新聞広告の間には長い歴史がある。2016年8月、SMAPの解散発表に傷つきながらもファンは翌月に控えた25周年に「何か発信できないか」と考えた。ツイッターをはじめとしたSNSでは、「新聞に広告を出そう」というアイデアが出たのだが、さすがに全国紙に全面広告を出す場合、金額は高過ぎる。そんな中、「個人広告」を皆で出せばいいのでは、という提案が出たのだ。

 この案を基に新聞各社へ問い合わせ等をファンは行い、結果的に同年9月9日に東京新聞、河北新報、北日本新聞、西日本新聞などに5人を応援する個人広告が多数掲載されたのだ。特に東京新聞の個人広告欄「TOK TOK」(当時・現在は「T-Voice!」という新しい欄に)には84件も寄せられた。そしてこの動きは単発で終わらず、署名活動などで心身を削るファン同士で元気づけるかのように再びSNSで呼びかけ合い、11月1日には東京新聞に200件を超える個人広告が載った。

 その後もメンバーの誕生日やベストアルバム発売日に「SMAPファンが一斉に新聞の個人広告を掲出」といった流れが定着し、さらに「SMAP大応援プロジェクト」と題されたプロジェクトではファン1万3000人からクラウドファンディングで集められた資金を使い、年末の朝日新聞で大々的に応援広告を掲載された。この広告は日本新聞協会の新聞広告賞で優秀賞に選ばれた。なお、地方新聞の個人広告欄には2017年以降も節目の日にSMAPファンのメッセージが載り続けている。

 そして、2017年9月22日。独立した稲垣、香取、草なぎの3人が「新しい地図」の活動開始を、東京新聞・朝日新聞での見開き全面広告で宣言した。3人は新聞広告という形で繋がったファンに対し、自らも新聞広告の形でアンサーを送った形となった。この広告は2018年に両新聞社でそれぞれ広告賞を受賞するに至った。

あわせて読みたい

「SMAP」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  4. 4

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  5. 5

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    ブルーライトカット眼鏡への意見書を出した学会に聞く「結局使うべきではないのか」

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:14

  8. 8

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  9. 9

    「なぜ受験勉強をしなければいけないか」橋下徹が出した納得の理由

    PRESIDENT Online

    04月16日 16:05

  10. 10

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。