記事

【「週刊文春」記者は見た】家宅捜索3時間前、クラブで踊り明かす沢尻エリカ - 「週刊文春」編集部

 11月16日、警視庁組織犯罪対策5課に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優・沢尻エリカ(33)。彼女は家宅捜索のわずか3時間前まで、東京・渋谷区にある人気クラブ「W」で仲間たちと上機嫌で踊り明かしていた。

【写真】逮捕直前の沢尻エリカ


沢尻エリカ ©文藝春秋

「週刊文春」編集部の取材班は、今年夏、沢尻の違法薬物使用に関する情報を入手。逮捕当日、沢尻が「W」を訪れるという情報を得ており、取材班は、深夜12時から店内で取材を進めていた。

「この日、女性イベンターと都内のスケボー施設がコラボした一大イベントが催されたのです。世界的アーティストが海外から呼ばれ、フロアにはハウスミュージックが大音量で流れていた。常連客が集まる3~4階では、さながら身内のパーティのようでした」(クラブ関係者)

背後に控える交際相手のA氏は……

 小誌記者が4階のVIPルームで沢尻の姿を目にしたのは、深夜1時40分のこと。髪の毛をアップにし、ド派手なスパンコールが入った漆黒のワンピースを着こなした沢尻は終始ハイテンションだった。交際相手のファッションデザイナーA氏と合流すると、DJブースの最前列に向かい、慣れた様子でDJと握手。背後に控えるA氏は、妖艶な腰つきで踊る彼女を護衛するかのように周囲に鋭い視線を向けていた。

 その後、沢尻は3階の関係者席に移動し、知人のモデルらと談笑。ふたたび3時過ぎにVIPルームに戻り、ボックスシートで仲間たちとショットグラスを傾けていた。

紙巻きタバコを深く吸い込み、恍惚の表情

「30歳過ぎると身体の代謝が悪くなっちゃって……」

 沢尻はそう言うと、友人女性のぱっくりと開いた背中を触り、「すごい綺麗!」と歓声をあげた。

 その後、沢尻のテンションは上がる一方だった。バーカウンターに移動すると、スケーター風の知人男性たちに囲まれ、大声で乾杯。飲酒の合間に目を瞑り、紙巻きタバコを深く吸い込むと、恍惚の表情を周囲に向けていた。時折、隣の長身の男性と抱き合い、しなだれかかるシーンが見られたが、N氏が間に入って諌めるなど、奔放な沢尻の様子も見て取れた。

アクセサリーボックスの中に合成麻薬MDMA

 沢尻が「W」を後にしたのは、閉店時間の朝方5時頃のこと。朝方、帰宅した沢尻を待ち構えていたのは、組対5課の捜査員だった――。

「(捜査員は)帰宅した沢尻を自宅前で声をかけ、自宅の家宅捜索を行ったところ、アクセサリーボックスの中に合成麻薬MDMAを発見した」(捜査関係者)

 今後、組対5課は沢尻の尿検査で使用の裏付けを取るとともに、交際相手のA氏についても調べる方針だ。

 来年のNHK大河ドラマに出演予定だったトップ女優の沢尻はいかにして薬物に溺れていったのか。

 11月21日(木)発売の「週刊文春」では、入手ルートや“薬物仲間”など、今回の事件について、約3カ月間の取材を元に詳報。逮捕当日の動画も公開する。さらに長年燻り続けていた「薬物疑惑」についてもレポートしている。

 11月16日(土)放送の「直撃!週刊文春ライブ」の会員限定パート(22時~)では映像を公開する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

あわせて読みたい

「沢尻エリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリの余計な演出に興ざめ

    メディアゴン

  2. 2

    ザギトワを追い込んだロシアの闇

    WEDGE Infinity

  3. 3

    無印敗訴 偽物が勝つ中国に懸念

    岩田温

  4. 4

    秋山パロ動画に抗議「侮辱行為」

    水島宏明

  5. 5

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  6. 6

    よしのり氏 枝野氏は認識が甘い

    小林よしのり

  7. 7

    「日本は貧乏説」への反発に苦言

    中川 淳一郎

  8. 8

    日本へ歩み寄る韓国 背景に民意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    よしのり氏「化石賞」報道に苦言

    小林よしのり

  10. 10

    飲食店のランチ開始は危険な兆候

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。