記事

ハンセン病家族補償法の成立を歓迎する

国会は桜を見る会で盛り上がっているだけか、などと半ば呆れながら最近のニュースを見ていたのだが、実はその陰で国会議員の皆さんがしっかり仕事をされていることを確認した。

チラチラとニュースに出てはいたのだが、まったく違和感のない報道だったので、すっかり私の意識の外に置いてしまった。

どういう条文にするか、国としての謝罪文言を法律に明記するか、補償対象とすべきハンセン病家族の範囲をどうするか、補償額をどうするか、予算措置はどうなるか、請求の手続きをどうするか、等、いくつか技術的な検討を要する事項があったようだが、与野党間で丁寧な調整を経て、結構速やかな合意が得られていたようで、この臨時国会で無事成立に至ったことをまずは歓迎したい。

国会には、こういうところがある。
如何にも殴り合いやなじり合いをしているように見えて、水面下ではしっかり手を握って成立させるべき法案は必ず成立させる。

今の国会では、国対がしっかり機能しているという証拠だろう。

まあ、悪いことではない。

あわせて読みたい

「ハンセン病家族補償法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。