記事

「ふるい都議会」は古いまま。決算特別委員会発言奪われる。

1/2
本日は、東京都各会計決算特別委員会(平たく言いますと一般会計の決算審査)の全局にわたる総括質疑が行われました。通常の決算特別委員会は、予算特別委員会と異なり、分科会形式で行われ知事の出席はないという「東京都議会スタイル」。しかしながら豊洲移転、オリパラ問題、こどもの城跡地購入など、争点となる問題がいくつもあるなかで知事不在では、審査が深堀できないということで、当たり前のことですが、今回は小池百合子東京都知事が答弁に立ちました。今後も是非マストで続けるべきと考えます。


▲通常使用しない第15委員会室で開催
「都議会で知事一問一答形式の決算審議で答弁に立つのは異例だ。一連の都施策の検証の場である決算特別委に知事自らが参加し、都政の説明責任の強化につなげる。」(日経新聞 11月6日)

【江戸川区議時代進めた議会改革】
一方、お姐といえば、一人会派「自由を守る会」となった昨年11月より、予算と決算審査に関われなくなりました。一人会派だからといて、一度も決算予算に関わることなく任期が終わることは、まさに民主主義、地方自治の精神に反するものであり、江戸川区議会議員時代からお姐は血みどろの(笑)闘いを展開してまいりました。

お姐を予算・決算に出そう!

委員外議員の発言に思う

予算委員会初体験記「総務費」の巻

お陰様で江戸川区議会においては史上初の「委員外議員」一人会派無所属議員として発言するとい「前例」を創り、改選後、江戸川区議会においては、今日に至るまで一人会派議員も発言の場を担保できることとなっております。

都議会においては、未だ一人会派への予算・決算の発言を許されておらず、大変由々しい問題であると都議になってから考えておりまして、晴れて当事者となりアクションを開始しております。

あわせて読みたい

「都議会議員」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  4. 4

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    中島みゆきとユーミン 本当の仲

    NEWSポストセブン

  6. 6

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  7. 7

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    パスワードの管理方法は紙が最強

    PRESIDENT Online

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。