記事

非常参集用宿舎

国の官庁では、有事や災害などの非常時に、至急に参集する要員があらかじめ指定されています。
 
自衛隊の場合、平時から約8万人が駐屯地・基地などの営舎あるいは艦艇に居住しています。
 
それに加えて、防衛省の緊急参集要員は21,998名が指定されています。
 
非常参集要員には、概ね2km以内、あるいは徒歩30分以内に指定された参集場所に駆けつけられるように緊急参集要員用の無料宿舎が用意されます。
 
現在、自衛隊では緊急参集要員21,998名に対して、21,113戸の無料宿舎を整備しています。
 
不足分885戸に関しては、令和2年度まで732戸を整備し、残りが153戸となる予定です。
 
ただし、航空自衛隊の山間部や島嶼部にあるレーダーサイトに関しては、近傍に宿舎建設に適した土地や民間の賃貸物件がない場合があり、どう整備するか検討中です。

あわせて読みたい

「防衛省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  2. 2

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  3. 3

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  5. 5

    布マスク配布より緊急事態宣言を

    やまもといちろう

  6. 6

    藤浪と会食の若手アナが出勤停止

    文春オンライン

  7. 7

    コロナ疎開 佐久市長の発信支持

    小宮山洋子

  8. 8

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  9. 9

    首相 全世帯に布マスク2枚配布

    ロイター

  10. 10

    通勤で不可避 電車での濃厚接触

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。