記事

忘れっぽい私も?ネットを賑わす「ADHD」について専門医に聞いてみた

自分や他人の不注意、うっかりミスなどの行動を説明するとき、ネット上で見られる「ADHD」という言葉。つい先日も、人気芸人の所得申告漏れのニュースが世の中を騒がせた際に、「彼はADHDなのではないか」「自分もADHDなので忘れっぽい」といった声が多く見られました。

子ども時代に特徴が出るのがADHD

ADHDとは、Attention-Deficit Hyperactivity Disorderの略で、日本語では「注意欠如・多動症」と呼ばれる疾患のこと。よこはま発達クリニックの副院長・宇野洋太さんは、ADHDと呼ばれる症例について次のように説明します。

一つは不注意の領域、もう一つは多動性や衝動性の領域、これら双方もしくは一方に発達的な偏りを生まれながらに(医学的には12歳までに特徴が顕在化)持っている場合にADHDと診断されます。

ADHDの子どもの典型的な行動としては、ケアレスミスが多かったり、学校の準備や持ち物の管理が難しかったり、授業などに集中するのが苦手だったり、といった状態が挙げられるといいます。大人の場合でも、同様に身の回りの整理整頓や時間管理がうまくいかないケースが見られるそうです。

BLOGOS編集部

大人になってADHDに気付くケースも

よこはま発達クリニックやその併設の相談室には、子どもから高齢の方まで幅広い年齢層の人が訪れます。自分がADHDだと知らない大人が、生活の悩みを相談するために来院して、初めて気がつくケースもあるということです。

女性の方でそういうケースが多いですね。子どもの頃からおっちょこちょい・のんびり屋だとは思われていたものの、ご自身の独身時代や結婚したばかりの頃は生活を何とかしてマネジメントしていけたのですが、子どもが生まれてやることが増える中でミスが多くなり気付かれるようなこともあります。大人で来られる方では同時にあれこれやろうとする中でミスが出て、相談しにいらっしゃるようなケースが目立ちます。

ADHDの特徴の一つである不注意症状は、自分が持っている処理能力の範囲内であれば目立ちにくく、生活の支障も少ないといいます。それが仕事の昇進や、女性であれば出産などをきっかけにこなすタスクが増加し、自分のキャパを超えた時に目立つようになることもあるそう。宇野さんは「つまり、不注意症状というのは要求水準が自分の能力を超えた時に顕在化することもあります」と説明します。

そういった相談を受けた時は、家事に優先順位をつけ、どこに力を入れるかを一緒に整理したりしています。やはり、全部100%を目指すとキャパオーバーする可能性があります。幸い今は色々なサービスがあるので、そういったものを利用し、力を注ぐ部分と負担を減らす部分とのメリハリをつけるという方法も良いと思います。
写真AC

ADHDかどうかより困っているかどうか

ネット上などにはADHD的な症状を訴える声が見られますが、12歳までに特徴が現れなければADHDではないということなのでしょうか。そう質問したところ、宇野さんは次のように教えてくれました。

後から似たような症状が生じた場合は、ADHDではなく、他の問題より二次的に生じているという場合もあります。例えばうつ病に伴って注意力が低下していたり、依存症に伴って衝動的な問題が起こったりするケースです。

ただ、忘れ物が多い、遅刻する、締め切りが守れない…といった行動に悩む人は少なくないそう。そもそも現代人は仕事に趣味、人付き合い、SNSチェックなど日常の中でやるべきことが非常に多いため、その中でケアレスミスが増えるのは自然なことだといいます。

また度合いを判断するには本人のモチベーションも手掛かりになります。絶対やらなくてはいけないと思っていたのに忘れてしまうのは『うっかり』、本人にとっての優先順位が高くないものを忘れてしまうのは比較的よくある、当たり前とも言えることです。

もし、ものすごく大事なことを忘れてしまう『うっかり』が頻繁に起こるような場合は、医師に相談してみるのも良いかもしれません。またADHDかどうかより、何か生活の中で困っているかどうかを基準に考えるといいでしょう。ADHDだから/ではないから、対策を考える/考えないということではないように思います。

一方で、ADHD的な特徴がみられる場合でも、生活の中でコントロールできていれば気にしすぎなくて良いとも。

人の特徴というのはそれぞれ一長一短で、それが強みとなって、生きるパワーにつながることもあります。誰でも良い面を活かし、苦手な部分には対策を講じていくことが大切だと思います。

あわせて読みたい

「メンタルヘルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  2. 2

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  3. 3

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  4. 4

    生理の妻へ食事配慮 批判の声も

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  6. 6

    沢尻被告「つながりを一切断つ」

    AbemaTIMES

  7. 7

    朝日が早期退職募集 新聞の明暗

    AbemaTIMES

  8. 8

    桜追及で越年? 野党の戦略に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    雅子さま「体がガクリ」の瞬間

    NEWSポストセブン

  10. 10

    神田沙也加・元夫への非難に疑問

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。